• 企業・団体のみなさまへ
  • 個人・グループのみなさまへ
  • ご参加いただいているみなさまへ

20年間、多くの方々に荒川クリーンエイドに参加いただき、大量のゴミを回収しました。
荒川で拾われたゴミのデータは、私たちの生活を反映しているとも言えます。

1. 年間12,000人が参加する活動に!  

●近年は、毎年100以上の会場で、年間のべ1万人以上の参加者で荒川クリーンエイドが実施されています。

2. 20年間で6万袋以上のゴミを回収!
  

●台風の上陸、参加者数などによって、回収するゴミ袋数は、年によって前後していますが、
 近年は、毎年5,000袋以上のゴミ袋と、1,000個以上の粗大ゴミを回収しています。
●同じ場所で、毎年クリーンエイドを実施していると、回収するゴミ袋数は減ってきていますが、
 ゴミの多い場所で、新たな会場を増やしてたくさん拾っているために、回収するゴミ袋総数は
 年々増えています。

    20年間で回収したゴミ袋を並べると、約25km
  ~東京-さいたま市間の距離に匹敵!~(ゴミ袋の幅を40cmとして換算)
    

    東京 ⇒⇒⇒⇒⇒⇒         ⇒さいたま市

3. 荒川のゴミデータから大量消費社会が見えてくる!
 
1) タバコとペットボトルが逆転         
  

 ●タバコのすいがらは年々減少していますが、替わって、ペットボトルが急増。
  2007年に回収数が逆転して以来、ペットボトルの方が多く拾われています。
 ●増加を続くけていたレジ袋は、2007年をピークに減少から横ばい傾向で拾われています。

 2) 缶に替わってペットボトルが増加    
   

   ●飲料容器では、かつては、缶が最も多く拾われていましたが、回収数は20年間ほぼ横ばい。
     瓶は近年微増。替わってペットボトルが急増しています。

ライン