• 企業・団体のみなさまへ
  • 個人・グループのみなさまへ
  • ご参加いただいているみなさまへ

○安全セミナー(2009)
日時 2009年7月5日(日)10:00~16:00
会場 下平井水辺の楽校、平井コミュニティ会館
主な内容

室内   :●パワーポイントによる講義

フィールド:●スローロープ実習
       ●体験型ワークショップ(グループごとに事故の事前、当日、
        事後の対応を考えるプログラム)

室内   :●ワークショップの発表と解説

各地で水辺の活動が開催されはじめる7月5日、クリーンエイド(ゴミ拾い・ごみ調査)や水辺の活動リーダーのための水辺安全セミナーを開催しました。

まずは、室内で、安全管理とは、水辺での監視法、熱中症や生物によるけがへの対処法等の講義を受けた後、フィールドに出て実地体験をしました。

水辺の活動の代表的安全グッズであるスローロープは、使い方を知らなければ宝の持ち腐れ。陸上ではありますが、実際に救出側と救出される側を体験してみました。救出者は仰向けの体勢で、首にロープが巻きつかないよう注意することが重要です。

さて、次はいよいよ班に分かれて、イベント主催者になりきって事故の事前・当日・事後の対応を考える「シミュレーション型ワークショップ」。皆本番さながらにフィールドの下見をし、事故の状況を想定し、事後対応を考えていました。

ワークショップの発表では、真面目な対応のチームあり、あえてずぼらな対応を試みたチームありで、典型的な事故の状況を皆で共有することができました。発表の後は、それぞれ講師の講評をいただきました。

今回参加者は、既に水辺で活動されている団体メンバー、活動に参加しはじめたばかりの方、クリーンエイド参加者など経験の度合いはさまざまでしたが、座学で学んだ知識をシミュレーションにより体験し、また、具体的な状況への対処法について参加者同士で討論する機会となりました。

懇親会は、安全対策や団体の運営についてなど、楽しい情報交換の場となりました。

東洋ゴムグループ環境保護基金および財団法人大阪コミュニティ財団の助成を受けて実施しました。
ありがとうございました。

もどる