月別アーカイブ: 2014年11月

ゴミがいっぱい。けれど、駅から遠くなかなかゴミ拾いができない。
そんな場所をきれいでより自然豊かな環境にする為の第一歩としてスタートした
「荒川あちこちクリーンエイド」

今回は河口から約3K、駅から徒歩約25分ほどの江戸川区の荒川河川敷で行いました。
参加者は、16名(スタッフ1名も一緒にゴミ拾い)。
寒い日が続いた中、この日はとてもよい陽気で、気持ち良く活動できました(*^_^*)

この場所はとにかくゴミが多い!
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
一見元気いっぱいのヨシ原の中は一面ゴミだらけ・・・。
そして、護岸の上にまで、小さな小さな破片となった無数のゴミが、まるで絨毯のようにびっしりと拡がっています・・・。

そんな大変な場所ですが、皆で少しでもきれいにする為、一心不乱にゴミを拾っていきます!
約1時間のゴミ拾いで、31袋分のゴミを回収しました!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前回に引き続き今回も、<拾ったゴミランキング>
1位:ペットボトル(457個)
2位:使い捨てライター(262個)
3位:ペットボトルのキャップ(93個)
4位:飲料缶(64個)
5位:食品のプラスチック容器(58個)でした。

そして、なんと!
今回は注射器が6位(55本)となってしまいました(*_*)
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

多すぎてランキング外の「破片ゴミ」は、数えられたものだけで
「845個」(2.5cm以上のサイズ)とダントツ!
もっともっと細かい破片は、ホウキとチリトリで回収しました(^_^;)
チリトリ回収

終わった後は、休憩しながらもしっかりとふりかえり」。
そして、川ゴミ問題についてお話しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA全体ふりかえり2

参加者の皆さん、駅から遠くて大変なこの場所で、たくさんゴミを拾っていただき、ありがとうございました。
おつかれさまでした!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▼▼▼
この場所は、潮の干満の影響も大きく、なかなか思うようにゴミが拾えません。
ゴミが多すぎて今回はとても手がつけられなかったヨシ原の中は、ゴミが多すぎてヨシがあまり生えていないところも・・・。
そして、臭いにおいも感じられます(>_<)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これ以上ひどくなる前に、そしてこんな場所が拡がっていかないように、
皆さんの力を借りて、がんばって活動していきたいと思います。よろしくお願いします。 (ひめの)

11/18(火)、4月にオープンした毎日メディアカフェにて、
プチセミナー「もはや地球規模!川と海のゴミ問題」を開催しました。

4月に荒川のゴミ、荒川クリーンエイドについて第1回を開催してから早7か月。
緊張の第2回です^^;

オープニングは、今秋の新作となる 紙芝居「川のゴミはなぜ悪い?」を披露!
オープニング
川や海に溜まったゴミが、自然・生き物たちにどんな影響を与えているのか、
今回のような機会、また荒川クリーンエイドの活動の前後に、参加者にわかりやすく伝えていきます。

そして、今回のテーマに沿って川・海ゴミのご説明。
セミナー発表
荒川の例、荒川クリーンエイドのゴミ調査結果などを活用しながら、川のゴミ問題、川からつながる海のゴミ問題、それらゴミが自然環境・生物に与える影響などをやや詳しく紹介しました。
荒川クリーンエイドのゴミ調査結果と社会の流れが一致していることから、荒川のゴミは社会を反映している。
特定の人々の問題ではなく、みんなでできることから少しずつアクションしていきましょう。
とお話しさせていただきました。

その後は、皆さんといっしょにゴミを減らすための方策についてデイスカッション。
荒川クリーンエイドでの例として、 「マイボトルdeゴミ拾い。」キャンペーンも紹介しました。
デイスカッション

最後は、ゴミクイズ
ゴミクイズ
漂着ゴミについて、また日常私たちが良く使用しているものについて、クイズで考えていただきました(*^_^*)

まだまだセミナー初心者の私たち。
今後少しでもたくさんの人に、川や海のゴミ問題のことをわかりやすく伝えていく為、
精進していきたいと思います。
様子
ご参加いただいた皆さんありがとうございました。
そして次回、たくさんの人のご参加をお待ちしています!  (ひめの)