こんな真夏の炎天下に清掃ボランティアをかってでる人などいる??
という当初の懸念をよそに、今回の活動には11人の参加者が集まってくれました♪
最初に自己紹介をしてもらうと、参加者11人中、7人の方が学生さんです!?
話しを聞くと、夏休みの課題に「ボランティア参加」という科目があって参加したとのことでした。
今回の活動は通常の「調べるごみ拾い」と4年ぶりに再会した「ペットボトルの中身の大捜査」の2種類です。
希望をとると男性は「調べるごみ拾い」、女性は「ペットボトルの中身の大捜査」を、行いたいということで男女別の活動になりました。

 
今回もやり甲斐あります(あり過ぎです!)   「調べるごみ拾い」は赤いツナギの副隊長が
指揮を取ってくれました!

 
「ペットボトルの大捜査」は初参加ながら、    まずは拾ったペットボトルを13種類に別けて並べます
黄色いウェアのルーカスさんに指揮を取って
もらいました♪

 
そのあとでそれぞれの数を調べます      みんなで頑張った結果

 

活動後は、いつもの様に今日の感想やどうやったらごみが減らせるかなどを話し合いました。
学生のみなさんは、こんなにごみが有るとは思わなかったらしく、一様に驚いていました。
「みなさんが今の私と同じくらいの歳になる頃には、海は魚よりごみの方が多くなると言われています」
というようなお話しをしましたが、決してそうならないように、これからみんなで頑張りましょう!!
来月の8月20(日)にも、ココよりも下流の四ツ木橋周辺で活動を行います。
このレポートを読んで頂いた皆さまも、是非ご参加ください!!

本事業は平成29年度「水の日」・「水の週間」上下流交流事業の支援を受けて実施しています。

(いがらし)