河川法改正から15年目!一緒に考えよう!
~河川管理に携わるNPOは何を目指すべきか~

日 時:2011年5月14日(土)15:00~16:00(14:45受付開始)
会 場:荒川知水資料館(amoa) アモアホール
      http://www.ara.go.jp/amoa/syoukai/access_map.html
御申込:①ご所属、②お名前を事務局までご連絡ください。
      FAX : 03-3654-7256
      Eメール : renraku@cleanaid.jp

講演概要:尾田さんからのメッセージ
oda_hideaki.jpg「河川法改正から15年の節目が近づいています。この間にさまざまな取り組みが展開されてきましたが、今までの流れを大きく変えるまでには至っていません。
新しい河川法は、うまく使えば、単に河川管理やインフラ整備の手法だけでなく、世の中の仕組みそのものを変える力を持ちうるに違いありません。そんな思いを持って一緒に考えましょう。
皆さんとの議論とそこから新たに生まれる行動が楽しみです。」

★尾田栄章 氏 プロフィール★
昭和16年生まれ、奈良県出身。
1998年、建設省を退職。河川局長として、河川管理の目的に「河川環境の整備と保全」を加えること、計画造りの段階から「関係住民」の参加を求めること、等の河川法改正を主導する。
現在は、「国連事務総長:水と衛生に関する諮問委員会」委員を務めるなど国際的なネットワークを通じて世界の水問題の解決に向けて取り組むと共に、ヒートアイランド現象解決に市民の発想をとりいれた「打ち水大作戦」、蓋をされた渋谷川の再生を目指す「渋谷川ルネッサンス」など、幅広い活動を展開している。