月別アーカイブ: 2011年4月

3月に発生した巨大地震と津波、さらには福島原発事故と広い地域で大きな被害を招き、
今もその救援活動が各地で続けられています。

私たち、荒川流域でも、なにか東日本大震災で被害にあわれた方々のためになることを
したいという気持ちは皆で共通に持っています。

まずは私たちが日常の活動を継続して、元気を出していきたいと思います!

私たちは、森から川そして海へと通じるこの自然とその周囲の町を含めた環境を大切にして、
未来を担う子どもたちに自然豊かな環境を残したく活動を継続しています。
この思いを大切に、まずは、身近な川を中心にした自然を豊かにして、私たちが元気になって、
「がんばろう!日本」の思いを日本中に届くよう荒川クリーンエイド2011の活動を展開します。

荒川クリーンエイド・フォーラムでは、活動の中でできる支援として
以下のことを進めております。
皆さまも是非ご支援ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
(1)荒川クリーンエイド・フォーラムの主催イベントにおいて、募金活動を実施
(2)荒川クリーンエイドの各実施会場においても募金活動を実施するよう依頼
(3)荒川クリーンエイド2011の協賛金の一部を東日本大震災の活動支援金として
  活用させていただく

なお、荒川クリーンエイド・フォーラムでお預かりした募金は、
原発、医療、要援護者、救援物資対応などの視点より、
以下の団体の活動支援金として活用いただけるようにいたします。
募金提出先一覧(PDF)
①三人委員会哲学塾ネットワーク
 (当フォーラム理事の 鬼頭秀一(東大大学院教授)の関連団体)
  片品村の福島原発事故避難者受け入れ支援のための義援金基金
  http://kitosh.k.u-tokyo.ac.jp/index.php?id=25
②RQ市民災害救援センター
  http://www.rq-center.net/
③災害福祉広域支援ネットワーク・サンダーバード
  http://www.thunderbird-net.jp/
④フィランソロピーバンク「東北地方太平洋沖地震支援基金」
  http://www.philanthropy.or.jp/contents/activity/P-support.html

今年も、「24時間テレビ」チャリティー委員会との共催で、
5/29(日)に荒川クリーンエイドを実施します!

参加をご希望される方は、事前のお申込みが必要です。
本日より参加者募集がはじまりました。
 申込み期間: 2011年4月13日(水)~5月9日(月) ★5月9日までに延期しました
そのご案内を掲載しました
 詳細は⇒【イベント案内】5/29(日) 24時間テレビ「荒川クリーンエイドアクション2011」
皆さまのお申込み・ご参加お待ちいたします。

<<<参加申込は受付を終了させていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。
参加者の皆さんには、19日頃に「24時間テレビ」チャリティー委員会よりご案内を発送予定です>>>

今年も「24時間テレビ」チャリティー委員会と荒川クリーンエイド・フォーラムの共催で
5月29日(日)に荒川の河川敷を清掃します。
100529_24tv2.JPG
一級河川の荒川を清掃することにより、海に流れ出るゴミを減らし、干潟やヨシ原などを保全し、そこに棲む生き物たちの生活環境を回復します。

ゴミ拾いのあとには、自然環境教室も開催します。
河川敷を清掃し、自然や生き物と触れ合うことにより、その大切さに気付き、
ゴミを捨てないことが生物の棲みかを守ることを実感していただく場となれば幸いです。

【日 時】  2011年5月29日(日) 【小雨決行、大雨・荒天中止】
        午前9時00分集合(受付開始時間 午前8時30分~)
        午後12時30分 終了予定

【清掃場所】 江戸川区 荒川河川敷(都営新宿線 東大島駅付近)

【定 員】   300名(先着順)

【申込資格】 小学生以上(小・中学生は、保護者同伴での参加が条件です)

【申込み期間】 2011年4月13日(水)~5月9日(月)

★★申込方法★★
ハガキまたは封書に、参加者全員の氏名・年齢・性別・〒住所・電話番号をご記入の上、下記送付先住所までご郵送下さい。
※2名様以上でお申し込みの場合は、代表者の氏名に(代)をつけてください
※5名様以上の場合は封書でお申し込みください
※同じご住所の方は1通にまとめてお送りください。
※参加が決定した方には、集合場所等の詳細を記載した「参加証」を後日お送りします。
■送付先住所:〒105-7444
          東京都港区東新橋1-6-1 日本テレビ内
           「24時間テレビ」チャリティー委員会事務局
           「荒川クリーンエイドアクション」担当

■詳しくは⇒こちら(24時間テレビホームページ内 清掃ボランティア募集) を参照ください

★★お問合わせ★★
「24時間テレビ」チャリティー委員会事務局
「荒川クリーンエイドアクション」担当
TEL:03-6215-3008
(祝祭日を除く月~金曜日 午前10時から午後6時)

★★主催・後援★★
■主催:「24時間テレビ」チャリティー委員会(日本テレビはじめ民間放送31社)
     特定非営利活動法人荒川クリーンエイド・フォーラム
■後援:江戸川区
     国土交通省 荒川下流河川事務所
■協力:読売新聞東京本社

100529_24tv1.JPG
          (昨年の 24時間テレビ「荒川クリーンエイドアクション」のようす)

20110408pr.JPG荒川でゴミを拾って自然を戻す「荒川クリーンエイド」が、
昨年1月~12月、荒川流域110ヶ所で実施されました。
この度集計された2010年度版の最新データでは、プラスチックゴミ・ペットボトルの増加傾向が改めて明らかになっています。
「荒川クリーンエイド」を運営する特定非営利活動法人 荒川クリーンエイド・フォーラムは、今後企業とのパートナーシップで進める「マイボトル」推進や提言活動を通じ、
調査データに基づくゴミの「発生抑制」にも力を入れてまいります。

そのご案内を掲載しました。
  詳細は⇒【プレスリリース】タバコは減った!ゴミの主流はペットボトルへ(PDF)

2010年9月から12月までの間、荒川でゴミを拾うとともにペットボトルゴミの実態について調査しました。その調査結果が集計されました。

20110406pr.JPG
■荒川ゴミの2割を占めるペットボトル
荒川クリーンエイドとして拾ったゴミで、可燃/不燃/ペットボトル
に分別したところ、ゴミ袋の割合としては約19%をペットボトル
が占めました。特に下流域では22%を占めました。

■ペットボトルゴミの5割以上がお茶と水
種類別調査において、水/お茶/ジュース類/スポーツドリンク
/アルコール類/調味料など種類ごとの数を調査しました。
その結果、最も多いのはお茶のボトルで約38%。
水とお茶がペットボトルゴミ全体の50%を超えるという結果を得ました。

■荒川のペットボトルゴミとペットボトル生産量の割合がほぼ一致!
全国の清涼飲料「PETボトル品目別生産量」と比較すると、
荒川で拾われたペットボトルは、全国の生産量の割合とほぼ一致している結果を
得ました。これにより、荒川のゴミは社会を反映していることが判明しました。

こうした現状を受け、2011年は、マイボトルを持参しての活動を広く呼びかけていきます。

そのご案内を掲載しました。
  詳細は⇒【プレスリリース】荒川のペットボトルゴミから、私たちの消費社会が見えてくる(PDF)