20110408pr.JPG荒川でゴミを拾って自然を戻す「荒川クリーンエイド」が、
昨年1月~12月、荒川流域110ヶ所で実施されました。
この度集計された2010年度版の最新データでは、プラスチックゴミ・ペットボトルの増加傾向が改めて明らかになっています。
「荒川クリーンエイド」を運営する特定非営利活動法人 荒川クリーンエイド・フォーラムは、今後企業とのパートナーシップで進める「マイボトル」推進や提言活動を通じ、
調査データに基づくゴミの「発生抑制」にも力を入れてまいります。

そのご案内を掲載しました。
  詳細は⇒【プレスリリース】タバコは減った!ゴミの主流はペットボトルへ(PDF)