月別アーカイブ: 2011年6月

会場 葛西臨海公園(西なぎさ、鳥類園ウォッチングセンターレクチャールーム)
日時 7/31(日) 10:00~15:00

内容 干潟の生き物観察と室内ワークショップ
        ※雨天の場合も、室内で楽しいプログラムを実施します。

対象 小中学生親子45人(小学生は保護者と共にご参加ください)
       ※その他参加希望の方はお問合せください。
参加費 子ども 300円(保険料、資料代)
      大人  100円(保険料)

服装・持ち物 長袖・長ズボン、長靴または運動靴、ソックス、帽子
       ※スポーツサンダル、クロックスなどサンダル類は厳禁
       弁当、飲み物、タオル、着替え、スコップ、貝やカニを入れるバケツなど

申込 先着順
       7月2日10:00より受付開始
       ①参加者全員の氏名、②連絡先住所、③電話番号、
       ④EメールアドレスまたはFAX番号を明記の上、EメールまたはFAXで、
       「集まれ!荒川エコキッズ なつやすみ水辺の楽校」係宛てにお申込みください。
       Eメール renraku@cleanaid.jp(@を小文字に変更ください)
       FAX 03-3654-7256

主催 特定非営利活動法人 荒川クリーンエイド・フォーラム
pic1(summer).JPGpic2(summer).JPG

  (2009年度なつやすみ水辺の楽校のようす)

6月28日(火)、JT東京支店において「JT 2011年度 青少年育成に関するNPO助成事業」助成金交付式および活動成果発表会が開催され、当フォーラムの本年度助成事業「荒川キッズ育成事業~生物多様性プロジェクト」について正式に助成金の交付を受けました。(当事業の詳細については、こちらをご覧ください→集まれ!荒川エコキッズ2011~生物多様性プロジェクト~

当フォーラムより、2008年度「荒川エコキッズ育成事業」の成果と、本年度の事業内容、目指すべき成果等を発表させていただきました。

■2011年度助成先NPO事業紹介
 ・特定非営利活動法人 荒川クリーンエイド・フォーラム
 ・認定特定非営利活動法人 海塾
 ・特定非営利活動法人 コドモ・ワカモノまちing

■2010年度助成先NPO成果発表
 ・特定非営利活動法人 コドモ・ワカモノまちing
 ・特定非営利活動法人 夢職人
 ・特定非営利活動法人 こども劇場せたがや

発表後には、中間支援組織の方々やNPO間で活発な質疑応答が展開され、非常に有意義な時間となりました。

一年間精一杯努めてまいります!

JTkofushiki_minimini.jpg

今年も10,11月をクリーンエイド月間として、荒川流域の至るところで
クリーンエイド活動が実施されていくことを目指しています。

クリーンエイドは年間を通じて実施されておりますが、この度改めて
秋のクリーンエイド活動実施の参加申込みを募っています。

7月15日までにお申し込みいただくと、2011リーフレットへの掲載が
間に合います。
それぞれの団体のご都合に合わせて、実施をご検討いただき
この時期のお申込みをお待ちしております。

 □ 実施申込用紙 (PDF) (excel)
 □ 実施申込記入にあたって(記入例)(PDF)
 □ 実施申込のお願い (PDF)

※実施については、以下のページを参考になさってください。
 ⇒企業・団体のみなさまへ>実施の流れ

今年初めて主体的にクリーンエイドを実施してみようかと
ご検討の方のお申込み・お問い合わせをお待ちしています。
ご不明な点は、ご遠慮なく事務局までお問合わせください。

  特定非営利活動法人 荒川クリーンエイド・フォーラム
  TEL:03-3654-7240 FAX:03-3654-7256
  E-mail:renraku@cleanaid.jp (@を小文字に修正ください)

荒川クリーンエイド・フォーラムでは、毎年9月から開催される秋のクリーンエイドにおいて、
「荒川でちょっといいことゴミ拾い」をテーマに掲げたポスターやリーフレットを
流域の沿川の団体や公共施設に配布・設置に記載し、活動を盛り上げてきました。

なお、副題には、これまで各年度毎にテーマを設定し、ポスターやリーフレットに掲載してきました。

【過去のテーマ】
 2010年:みんなで守ろう!生物多様性
 2009・2008年:子どもたちに豊かな自然環境を残そう
 2007年:秩父から東京湾までゴミを拾って豊かな自然環境を
 2006年:魚もよろこぶ みんなでチャレンジ ゴミ調査

2011年は、過去2年連続で散乱ゴミ数のトップとなったペットボトルゴミの発生をどのように抑制するか
参加者の皆様と考えていきたいと思います。
荒川ペットボトル大捜索では、ペットボトルゴミのうち、水とお茶で50%を超えるという結果も出てきています。

そんな思いを込め、今年は、マイボトルの持参を呼びかけれるようなテーマ設定を考えています。

【ペットボトルゴミ抑制の取組】
 ①【プレスリリース】24時間テレビ荒川クリーンエイドアクション2011にてマイボトルの持参呼びかけ
「マイボトルを持つという参加 呼びかける」
RIMG0886.JPG
DSC00037.JPGのサムネール画像のサムネール画像
 ②【プレスリリース】荒川ペットボトル大捜索2010!結果報告
  「荒川のペットボトルゴミから、私たちの消費社会が見えてくる」

特定非営利活動法人 荒川クリーンエイド・フォーラム(代表理事:佐藤正兵)は、
第13回日本水大賞において国土交通大臣賞を受賞しました。

平成23年6月21日(火)日本科学未来館にて、水大賞名誉総裁 秋篠宮殿下妃殿下
毛利衛委員長らが同席のもと、受賞式が行われました。
DSC00083 - コピー.JPG

前日の6月20日においては、読売新聞全国版の朝刊において
ごみ拾い のべ13万人」との見出しで団体の活動や成果が紹介されています。

大賞及び各大臣賞受賞団体一覧
■ 日本水大賞 ■ (敬称略)
●大  賞
水辺に人が集まるまちづくり~吉野川をはさんだ水際交流拡大プロジェクト~
  特定非営利活動法人新町川を守る会(徳島)
●国土交通大臣賞
  荒川発! 主体間連携によるパートナーシップを実現した環境保全活動
 ~過去16年の軌跡と飛躍する17年目のクリーンエイド~
  特定非営利活動法人荒川クリーンエイド・フォーラム (東京)

●環境大臣賞
海底、湖底、海浜清掃
海をつくる会 (神奈川)
●厚生労働大臣賞
 鳥取県西部域の水源保全・河川文化伝承活動と日野川流域憲章制定の取り組み
日野川の源流と流域を守る会 (鳥取)
●農林水産大臣賞
 伊豆沼・内沼・および伊豆沼・内沼上流域、
 周辺水田の自然生態系保全活動 ナマズのがっこう(宮城)
●文部科学大臣賞
 アマモマーメイドプロジェクト 福井県立小浜水産高等学校
 ダイビングクラブ (福井)
●経済産業大臣賞
  利根川源流域における100年にわたる水源涵養の森づくり
 磯村産業株式会社及び磯村豊水機工株式会社 (群馬)

受賞式等の様子や写真については、別途御報告いたします。

テレ5月29日(日)に実施した、当イベントがいろいろなメディアで紹介されました。

■日本テレビ「真相報道バンキシャ!」(5月29日放送)
 (同内容は、日テレNEWS24でご覧いただけます
  「社会」のコーナー 2011年5月29日)

 「24時間テレビなど主催・・・荒川で清掃活動」 

  短時間でしたがニュース番組の中で紹介いただきました。
  ボランティアらが雨の中、清掃活動を実施。
  清掃後の自然環境教室で、荒川の自然に触れ合いながら
  環境保護の大切さを学んでいたことなどが紹介されました。

■日本テレビ プレスリリース (5月30日掲載)
  24時間テレビ「荒川クリーンエイドアクション2011」
         ボランティアら127人が109袋分のゴミ清掃(PDF)  

■読売新聞  地域(東京23区)(5月30日朝刊)
 (YOMIURI ONLINEからもご覧いただけます) 
  荒川でゴミ拾い:ボランティア130人
24時間テレビ ホームページへリンク

■日本テレビ 24時間テレビリポート(6月5日放送)
  荒川のゴミやクリーンエイド活動の様子などを
  紹介いただきました。

■24時間テレビ ホームページ
 24時間テレビ「荒川クリーンエイドアクション2011」実施報告
 
 ゴミの量や参加者の感想、自然環境教室での観察物などを
 紹介いただいています。
 ⇒24時間テレビ「荒川クリーンエイドアクション2011」実施報告 

□他にも、荒川クリーンエイド・フォーラムの事務局ブログでも
 当日の様子を紹介しています。
 ⇒荒川クリーンエイド・フォーラム事務局ブログ(5月29日)  

昨年夏にホームページをNPO法人サービスグラントさんのご支援のもとに
全面リニューアルいたしました。
そのサービスグラントさんのホームページで、
「サービスグラントの実績」として荒川クリーンエイド・フォーラムの
ホームページを紹介いただいています。

"活動への参加者が増加し、企業との協働案件も動き出しています"の
サブタイトルと共に、トップページ画像が紹介されています。

「情報を分かりやすく整理すること」そして「想いを伝えるホームページ」
というコンセプトのもとに制作され、
成果も上がっていることなどがわかります。
ご覧ください。

サービスグラントの実績:荒川クリーンエイド・フォーラム

サービスグラント トップページ

特定非営利活動法人 荒川クリーンエイド・フォーラムの6つの活動領域をリニューアルしました。

これまでは、クリーンエイド(ゴミ拾い・ゴミ調査)に加え、環境学習、水質調査といった周辺活動を併せた6つの活動を荒川クリーンエイド・フォーラムの事業領域としてホームページなどで対外的に公表してきました。

この度、2010年度に盛り上がった新規の活動、重複する周辺活動を整理することで、改めて2011年度以降の6つの活動をリニューアルしました。

【リニューアルのポイント】
 ① 生物多様性の保全を追加
  2010年度秋に実施した小松川自然地連続プログラムやヒヌマイトトンボ(絶滅危惧Ⅰ類)の復活を
  追求すべく、新たに生物多 様性の保全を事業領域に加えました。
 ② 流域連携に「全国」というキーワードを追加
  これまで流域内での団体・組織と連携した活動を推進してきましたが、今後は流域内外の団体
  ・組織との関連も強めるべく「全国」というキーワードを加えました。
 ③ 社会貢献活動や市民参画への支援
  荒川クリーンエイド活動や環境教育と重複する活動内容であり、他活動に統合することにしました。

以上を踏まえて、当サイトをリニューアルしました

各活動の概要を記載していますので以下のページよりご覧ください

【活動紹介・・・6つの活動】

acaf_act_6act_n.jpg

6/5(日)を皮切りに、「集まれ!荒川エコキッズ」と題して、干潟や池、草地、ワンドなど荒川下流の自然地で親子向けイベントを年8回開催します!生き物観察や植物を使った遊び、工作などなど楽しいプログラムを用意して、スタッフ一同、皆さまのご参加を心よりお待ちしております!
詳細は、環境学習コーナー→①イベント・セミナーのご案内 をご覧ください。