月別アーカイブ: 2011年8月

荒川クリーンエイドの前や後に、どんな学習をすればよいの?
水質調査の意味や手順を子どもに伝えるのが難しい・・・

そんな声にお応えして、
○《小中学生のための》 荒川クリーンエイドのしおり
○《小中学生のための》 水質調査のしおり
を作成し、ホームページに掲載しました。

それぞれ、目的や手順、そして、
クリーンエイドや水質調査の総合学習への活かし方、
どのような学習につなげられるか等、ヒントも書かれています。

学校関係、子ども団体の皆さま、ぜひご活用ください!

ダウンロードはこちらから
必要書類のダウンロード(一番下に掲載しています。すぐに使える冊子印刷用もあります)

本日、雨天のため、当イベントを9/18(日)に延期いたします。
内容は少し変更になるかもしれませんが、「竹鉄砲作り」は行いますので、
ぜひご参加ください!

8月11日(木)付けで環境省マイボトル・マイカップキャンペーンのホームページに荒川クリーンエイド・フォーラムが今秋より開始する「マイボトルde、ゴミ拾い。」が掲載されました。

地域で取り組む市民団体、行政
地域やイベント会場など特定のエリアで、マイボトル・マイカップを使うことで使い捨ての飲料容器の使用削減に取り組んでいる取組が紹介されています。
詳細はこちら

マイボトル・マイカップキャンペーンとは
マイボトル・マイカップが使いやすい社会づくりについての取組を応援しつつ、これらの取組についての情報などを提供し、個人の皆さんにもマイボトル・マイカップの利用を進めてもらうことを目的に環境省と参加団体が協働で行う実証実験やイベントです。

「ミセス」9月号(8月6日発売) Love Actionのコーナー中で、
「荒川のゴミを拾うことで、川を、海を、地球を守る」のタイトルの下、
荒川クリーンエイド・フォーラムの活動を紹介いただいています。

短い文章の中に多様な活動の様子が紹介されていますので
ぜひご覧ください。

詳細はこちらから(メディアでの紹介)

9月から12月の間に約80会場でクリーンエイドの実施が予定されています。
実施会場のご案内を掲載いたしました。お近くの会場にぜひご参加ください。

<参加者募集中>募集中&実施中の会場のご案内

荒川クリーンエイド・フォーラムの2011年度事業、
生物多様性の保全「絶滅危惧種の復活プロジェクト」で手掛けている
ヒヌマイトトンボのモニタリング活動が、テレビ東京トコトンハテナで放映されます。

8月4日(木)のロケ当日では、オスの綺麗な成熟個体が発見されました。

放送予定日時
8月21日(日)18:30~19:00

是非ご覧ください。

==========
■テーマ案(仮)
「とんぼはどこにいる?」
■企画のねらい
トンボがいると、その地域の環境は良い状態が保たれていると言われている。
そのためか、近頃は人工的にビオトープが整備されるなど、トンボを呼ぶ活動が
盛んに行われている。では、実際色々な場所でトンボを探すと、どこにどんな種類のトンボがいるのだろうか。
探してみると、ビオトープには適応力が強い限られた種類のトンボしかいない事がわかる。
一方、適応力の弱いトンボの生息域は減少の一途をたどっていた。
(制作会社企画書より)