2011年、荒川クリーンエイドは、ゴミの発生抑制も目指し
"マイボトルdeゴミ拾い。"のメッセージを掲げ
マイボトル持参のゴミ拾いにチャレンジします。
キャンペーンページがオープンしました。
マイボトル画像.jpg

○なぜ今マイボトルなのか?
 荒川クリーンエイド・フォーラムでは、ゴミを数えながら拾うことを通じて、
 どうすれば川のゴミを無くすことが出来るか、市民参加で一緒に行動し、
 参加者みんなで考えることをコンセプトに運動を続けてきました。
 近年、タバコのすいがらに替わって、
 ペットボトルの増加が明らかになっています。
 2010年9月から12月までの間、このペットボトルゴミの実態について調査しました。
調査結果によると、次のことがわかりました。
 (1)容積比で荒川ゴミの20%がペットボトルのゴミ
 (2)ペットボトルゴミの50%強が自宅での水道水等で供給できす水やお茶

このような実態を踏まえ、私たちは、「マイボトル持参 目指せ10,000人」を
合言葉に、参加者ひとりひとりに「マイボトル」をもってきてもらいます。
目の前の川のゴミを拾うだけじゃなく、私たちが出すゴミも少なくする!
ゴミの「もと」を減らすゴミ拾いを、今まで以上に広げていきます。
10,000人が動けば、世の中ちょっとは動くはずです。
是非ご参加ください。

ご協力には以下の方法があります。詳細は以下をクリックしてください。

 ①マイボトルを持って参加(個人向け)
 ②マイボトルパートナー募集(団体向け)

現在本活動は、環境省マイボトルマイカップキャンペーン および 国際環境NGO FoE Japan水Do!キャンペーンなどと連携し、今後、協力団体とのネットワークを拡大していく方針です。