月別アーカイブ: 2012年11月

荒川クリーンエイド・フォーラムの2012年の活動を振り返り、
2013年の活動を飛躍的にすべく荒川クリーンエイドの実施団体を
はじめとした関係者を主対象に、荒川クリーンエイド・フォーラム2012 報告・連絡会を開催します。

前半の部では、2012年、年間で過去最高の12,000人の参加を実現し、
大きく飛躍した荒川クリーンエイドの実態や成果の秘訣、特に魅力的なプログラムの工夫について会場報告を交えお伝えします。
後半の部では、民間団体、市民、行政の3セクターの方をパネラーとしてお招きします。参加者の質疑も踏まえながら、今後のより良い連携の可能性を探り、荒川下流における自然地管理・アダプト制度の展望について、皆様と一緒に考えてみたいと思います。

1 日 時 平成25年2月15日(金)13:30~16:50(13:15受付開始)

【第一部】13:30~14:30 2012年荒川クリーンエイドの飛躍
    1. 荒川クリーンエイドの運営・ゴミ調査結果

    2. 会場からの報告【ゴミ拾いゲームの発案
       株式会社チームビルディングジャパン 代表取締役 河村甚様
    3. 2012年 荒川クリーンエイド功労者賞発表

           ~休憩・交流~

【第二部】14:45~16:45 2013年活動連絡会【パネルディスカッション】

話題提供
荒川下流自然地管理アダプト制度の樹立
 国土交通省荒川下流河川事務所      所長 波多野 真樹 様
スミセイヒューマニー活動(社会貢献活動)
 住友生命保険相互会社調査広報部CSR推進室 室長 濱本 信樹 様
小松川自然地における「新しい公共」の課題と展望
 里川小松川自然地協議会(江戸川・生活者ネットワーク事務局長)稲宮 須美 様

パネルディスカッション
テーマ:
どうなる、公的市民参加の仕組み!~荒川下流における自然地管理・アダプト制度の展望~
 ※ 上記話題提供者とご議論いただく予定です。

2 会 場
北とぴあ(802会議室)
 (JR・東京メトロ 王子駅より徒歩すぐ)
 詳細はこちら
 
3 対 象
荒川クリーンエイド関係者、及び河川ゴミ・生物多様性・アダプト制度などに関心のある方

4 定 員 50人

5 参加費 会員無料、非会員500円

6 申し込み
申し込みフォームに①参加者全員の氏名、②ご所属、③ご連絡先をご記入のうえ事務局までお申込みください。
 ※メール・FAXともに件名・表題を「2月15日報告・連絡会申込」としてください。

申し込みフォーム
【xls】 【PDF】

【お申込・お問い合わせ】
特定非営利活動法人荒川クリーンエイド・フォーラム
Eメール renraku@cleanaid.jp(@を小文字に変更ください)
TEL 03-3654-7240 FAX 03-3654-7256
※第二部【講話】は、里川小松川自然地協議会の協力、日本労働組合総連合会の助成を受けて実施します。

hokokurenraku.jpg

荒川クリーンエイド・フォーラムが事務・企画機能を担う里川小松川自然地協議会
[江戸川区内の5市民団体等で構成]は、2012年度、
東京都新しい公共の場づくりのためのモデル事業の一環で、
地域住民を川へ呼び戻す一環で自然調査プログラム
バッタ・キリギリス調べ】を実施しました。

具体的には、昆虫についてほとんど知らない、幼児から小学生とその両親、
企業社員や家族の方々を対象に同種の見分け方や、発見地などを
調べてもらうプログラムを推進するものです。

kamenRD.JPG

≪調査の概要≫

プログラムの参加者は519人になり、いわゆる素人市民への
啓発を実現するとともに、厳正な調査結果を発表。

都心からほど近い荒川において、15種類のバッタ・キリギリスが発見され、
地形による生息区分、ひいては同定作業を実現。

公表資料詳細はこちら
プレスリース.pdf
詳細レポート.pdf

grasshoppar.jpg

[お問い合わせ]
里川小松川自然地協議会
【構成団体:中土手に自然を戻す市民の会、下平井水辺の楽校、江戸川・生活者ネットワーク、
NPO法人荒川クリーンエイド・フォーラム、江戸川区】
 〒132-0033 東京都江戸川区東小松川3-35-13-204【荒川クリーンエイド・フォーラム内】
(担当:星野・糸岡)
TEL : 03-3654-7240 FAX : 03-3654-7256   renraku@cleanaid.jp   http://www.cleanaid.jp

荒川クリーンエイド・フォーラムが参加する東京都新しい公共の場づくりのためのモデル事業(以下モデル事業)の推進団体「里川小松川自然地協議会」が、モデル事業全38事例の代表事例として、12月13日(木)に事例発表を行います。

発表者は荒川クリ―エイド・フォーラム理事・事務局長糸岡栄博を予定しています。

日時:平成24年12月13日(木)13:00~16:30(受付開始12:30)
会場:新宿エルタワー(30階サンスカイルームA)
定員:200名
応募締め切り:12月6日17:00まで
申し込みはこちら:
https://comm.stage.ac/newpublic/index.html

※詳細内容はこちらをご参照ください。

kokyo.jpg

荒川クリーンエイド・フォーラムは株式会社損害保険ジャパンSAVE JAPANプロジェクトの一環で
同社、公益社団法人日本環境教育フォーラム、認定NPO法人日本NPOセンターと連携し、市民参加型の絶滅危惧種の復活プロジェクトを実施します。

都心からほど近い東京荒川。塩水と淡水が入り混じるこの区域が長く、河口域、淡水域に見られる生物種の混在した多様な自然環境が見られます。2011年より本格始動した当活動は、そんな荒川にあって、かつては数多くみられたとされるある種の復活を目指し、ヨシの刈り込み、流域に堆積した漂着ゴミの除去を行います。

申し込み・詳細はこちら
【SAVE JAPANプロジェクト】

■実施日
12月1日(土) 9:30-12:30 *受付は、9時15分から
  雨天の場合は12月2日に順延します。連絡方法などは上記詳細参照

■申込締切日
11月28日(水) (定員:100名)

 *定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。

SAVE JAPAN プロジェクトとは、
47都道府県のNPOと地域の皆さま、損保ジャパンが一緒になって、
全国各地の「いきものが住みやすい環境づくり」を行うプロジェクトです。

yoshikari.JPGkurobenkei.JPG

明日の千住桜木地区での「ヨシ刈り・ヨシズ編み」のプログラムは、当地で雨天の予報となっておりますため、大変残念ながら中止といたします。

私たちの身近な川でゴミ拾いができ、その情報交換ができて、
全国で河川の環境保全運動がさらに活性化することを目指して
「ふるさとの川クリーン大作戦」を始めました。

ふるさとの川クリーン大作戦のご案内、活動の流れ、参加申込、報告などを
紹介するサイトを新設しました。荒川クリーンエイド・フォーラムの
トップページに設置したバナーからリンクできます。

ぜひご確認いただき、川でのゴミ拾いの活性化にご支援宜しくお願いいたします。

荒川以外の地域でも、年に1回でも川ゴミ拾いをされている団体さんの
ご参加お待ちいたします。

詳細はこちら:kawagomi_banner_mini.jpg

11月11日(日)にTBSテレビ「風の言葉」で
荒川クリーンエイドの様子が紹介されました。
このようすを「メディアでの紹介」のサイトに掲載しました。

詳細はこちら:メディアでの紹介【テレビ】

 

11月24.25の両日、江戸川区のタワーホール船堀で、
『第10回 江戸川区水辺の活動交流会』が開催されます。

その中で、荒川源流域の森林を守っている秩父市環境立市推進課長の大野輝尚氏による
『荒川の源流の森を守るために』と題した講演会が予定されています。
荒川の上下流で連携した森作りについて、共に考えたいと思います。
ぜひご参加ください。

====== 講演会 ======
『荒川の源流の森を守るために』
 ~上下流の連携による秩父の森作り~

秩父市は荒川源流部の手入れされていない二次林を有効に活用して自然を豊かにするために、
上下流の連携でNPO「秩父森作りの会」を立ち上げようとしています。

日時:24年11月24日(土) 14:00~15:00
会場:タワーホール船堀 1階展示ホール
     (水辺の活動交流会の会場内です)
講師:秩父市環境立市推進課長 大野輝尚氏

申込:不要(直接会場にお越しください)
費用:無料

協力:NPO法人 荒川クリーンエイド・フォーラム

======水辺の活動交流会 ======
江戸川区内で水辺の自然体験活動や水上スポーツなどの活動をしている団体が集まり、
江戸川区で見られる魚や様々な活動の展示を行ない、様々な体験コーナーを設けます。
荒川クリーンエイド・フォーラムと下平井水辺の楽校・中土手に自然を戻す市民の会では、
投網体験やヨシ笛作り・ヨシズ編み体験などが出来るほか、カヌーなどの水上競技の団体
ではボートこぎでなどの体験も出来ます。

日時:24年11月24日(土) 10:00~19:00
        11月25日(日) 10:00~16:00
   
会場:タワーホール船堀 1階展示ホール
     (都営新宿線「船堀駅」正面)

主催:水辺の活動交流実行委員会
共催:NPO法人えどがわエコセンター、(公財)えどがわ環境財団、江戸川区

121124mizube01.JPG121124mizube02.JPG
これまでの水辺の活動交流会のようす

TBS日曜のゴールデンタイムに放送されているミニ番組「風の言葉」。
その「風の言葉」11月11日(日)の回で荒川クリーンエイドの様子が
放映されます。

■番組内容
美しい風景と、それを支えている人物、活動などを紹介するこの番組。
今回は荒川の美しい自然を守るための活動、荒川クリーンエイドと
20年近くにわたりその活動を継続している佐藤代表理事のインタビュー
を中心に構成されます。

■10月20日にロケを実施
小松川自然地で300人近くが参加したクリーンエイドや自然観察会を
10月20日に取材。合わせて佐藤代表理事のインタビューも行いました。

放送は人気ドラマ「MONSTERS」のすぐ後です。お楽しみに!