東京都「新しい公共」モデル事業として取り組んできたこのプロジェクト。
地域、学校、企業の皆様と連携しながら、
年間約2,300人の参加をいただきました。
ご参加・ご支援いただいた皆様、本当にありがとうございました!

夏~冬プログラムの成果を掲載しましたので、ぜひご一読ください。

■里川プログラム(後期)実施報告
 荒川の自然と触れ合いながら、保全ボランティアを体験し、
 「里川」の文化に触れた、地域向けプログラムの様子をご紹介します。
   9/29 バッタ・キリギリスの見分け方
   10/21 外来種の抜き取り体験
   11/18 ヨシ刈りとヨシズ編み
 
 詳細はこちら:里川プログラム(後期)実施報告
 
■バッタ・キリギリス調べ2012 実施報告
 草原の自然の豊かさの指標となるバッタ・キリギリス。
 参加者自身が見分け方を学び、種を判別する調査を実施しました。
 荒川の堤防や草原には、どれくらいの種類の
 バッタやキリギリスが見られたでしょうか。
 バッタ・キリギリス調べ2012

荒川クリーンエイド・フォーラムのホームページでは、
トップページのバナーからも見られます。

 詳細はこちら:バッタ・キリギリス調べ2012 実施報告