「東京らしい里川」の創造を目指して、
東京都新しい公共の場づくりのためのモデル事業として取り組んできた
小松川自然地・里川プロジェクト2012の報告を取りまとめました。

2012年4月から2013年2月までに、
地域向けに10回、学校向けに5回、民間企業向けに11回の「里川プログラム」を実施し、
延べ2,318人のみなさんに参加いただいて、河川の自然に親しみ楽しみながら、
外来種の除草、冬季のヨシ刈り、モニタリングなどの保全・管理活動を行いました。
ご参加、ご協力いただきましたすべてのみなさんに、心より感謝申し上げます。

以下に、2012年度の主な活動のご報告をいたします。
ぜひご一読ください。

里川プログラム(前期)の報告

里川プログラム(後期)の報告

モニタリング計画

市民参加のモニタリング「バッタ・キリギリス調べ」

モニタリング報告

アダプト制度の導入、アダプトサインボードの設置