月別アーカイブ: 2016年1月

全国川ごみネットワーク主催で、
1月22日(金)に開催された「第2回川ごみサミット」の様子を
たくさんの写真とともにブログで紹介しています。

ぜひご覧ください。(荒川クリーンエイド・フォーラム事務局ブログ:「第2回川ごみサミット」を開催)
 ⇒http://blog.canpan.info/araclean/archive/374

160122smt31160122smt02160122smt01

2016年1月からは、「荒川クリーンエイド2016」 がスタートしています!

荒川クリーンエイドは1年中実施いただけます。
まだまだ寒さも続きますが、ゴミがよく見えるこの季節は、ゴミ拾いが最適☆

2016年も「荒川でちょっといいことゴミ拾い」ぜひ実施ください。
団体、グループでの活動予定が決まりましたら、早めにお申込みまたは事務局へのご相談を
お願いいたします。
ご不明な点は遠慮なく事務局までご質問ください。
(tel:03-3654-7240、Eメール:renraku*cleanaid.jp(*を半角@に変更ください))

実施申込の受付は、なるべく実施の2ヶ月前までにお願いいたします。 
  まだ先の予定でも、すでに実施日時が決まっている場合は、お申込ください。

※ 実施申込用紙のダウンロードは、「必要書類のダウンロード」(http://www.cleanaid.jp/repeat/dl)から

荒川クリーンエイド・フォーラムでは、「ゴミ拾いのときはマイボトルを持って参加しよう!」という呼び掛けを行っています。マイボトルをきっかけとした日頃からのゴミ減量を意識してもらうために「マイボトルdeゴミ拾い。」キャンペーンを2010年より取組んできました。

〇「マイボトルdeゴミ拾い。」キャンペーンについてはこちら

■2015年はキャンペーン内容を強化
2015年はキャンペーンをより強化すべく、秋のクリーンエイド全実施会場にキャンペーンについて紹介する説明パネルの配布や、キャンペーンに積極的に協力いただける会場に給水タンクの配給を行いました。積極的に取組んだ会場では参加者に対してアンケートを実施していただき、マイボトル持参の意識やイメージなどについて調査を行いました。
MBC_setsumei MB_riyou

▲説明パネル:A3判サイズカラー4枚組、     ▲持ってきたマイボトル給水できるようタンクを配布
裏面に解説           

■アンケート集計結果
今回行ったアンケートについては以下の通りとなりました。

アンケート概要 (参加者用)
〇実施期間:2015年9月~12月     〇実施会場数:9会場
〇対象:荒川クリーンエイド参加者   〇回答者数:262人

<Q1.マイボトル持参のお願いを知っていましたか?>
MB_jisan
・回答者の1/4が、マイボトル持参のお願いを知ってくださっていました!

<Q2.当日マイボトルを持参しましたか?>     <Q2-1(持参をしなかった人に)理由は何ですか?>
MB_jisanritsu     MB_jisanshinai_riyu
・調査会場ではマイボトルの持参率は4割でした。持参しなかった理由としては「持っていない」という回答が約半分の割合を占めました。

<Q3.これまでの普段のマイボトル           <Q4.クリーンエイドを通してマイボトルを持ちあるこう
   使用頻度を教えてください。>               と思いましたか?>
CAmae_ishiki     CAato_ishiki
                                     ※Q2.で「ときどき持ち歩く」、「持ち歩かない」と
                                      回答をした人のみ

使用頻度では「ときどき持ち歩く」と「持ち歩かない」と答えた方が全体の約9割を占めました。
この中でクリーンエイド 後には「いつもまたはこれまでより持ち歩こうと思った人」が全体の8割以上を占め、意識が高くなっていることがわかります。

<Q6.マイボトルのイメージを教えてください。>(複数回答)
MB_image
マイボトルの良いイメージでは「環境に良さそう」「節約」が多く挙がりました。逆に「重い」、「洗うのが面倒」が悪いイメージでトップとなりました。

<Q7.マイボトルの利用はゴミを削減するために有効だと思いますか?>
MB_yuko
回答者の約9割がマイボトルの利用がゴミの削減に「とても有効」、または「まぁまぁ有効」という印象を持っていることがわかりました。

■クリーンエイドの参加で環境保全意識が向上
今回のアンケート結果から、クリーンエイド参加後にこれまでよりも日頃からマイボトルを持参しようと思った人が多いことがわかりました。クリーンエイドへの参加が環境保全意識向上のきっかけとなっているといえます。

今後も全会場でのマイボトル持参率をさらに上げていくよう、呼びかけを行い、クリーンエイドへの参加がゴミ減量意識の向上につながることを目指します!