近年、陸域を発生源とする海洋ごみ、特にプラスチックの発生抑制及び削減に
関心が高まっています。海に流れ出す前に川で、川に流れ出す前に街で、
そもそもごみを出来るだけ出さない社会の仕組みづくりを考えていかなくてはなりません。

全国の河川・海洋環境保全に取り組む市民団体や個人、行政、企業関係者らとともに
川ゴミ問題の解決に向けた意見交換を行う「第3回川ごみサミット」を開催いたします。

今年は、会場を京都府亀岡市に移し、"美味しい魚が食べられる川"をテーマにします!
皆様のご参加をお待ちしています。

第2回川ごみサミットの様子

■日時:2017年3月4日(土) 12:30~18:00
■会場:京都学園大学亀岡キャンパス
      (京都府亀岡市。JR亀岡駅よりバス)

■参加費:無料       ※交流会参加の場合は別途
■参加対象:河川・海洋環境保全に関心のある方(定員60名:先着順)

■主 催:全国川ごみネットワーク
      保津川の魅力でまち興しネットワーク
■共 催:京都学園大学

■協 賛:日本プラスチック工業連盟、一般社団法人プラスチック循環利用協会

■プログラム(予定)
 ・挨拶
 ・「水辺のごみ見っけ!」結果報告
 ・事例報告(予定)
  1)普及啓発~クリーンツーリズムを通じて~ NPO法人パートナーシップオフィス 金子博
  2)流域連携~遠賀川での取り組み~ 福岡県飯塚市環境整備課 仲村暁
  3)生業と川ごみ         保津川遊船企業組合 豊田 知八
  4)自治体の取り組み       京都府環境部循環型社会推進課

 ・グループ討議 ~美味しい魚を食べられる川に~
  A 普及啓発:教育
  B 流域連携:モデル流域、河川協力団体
  C 生業と川ごみ:内水面漁業、川下り
  まとめ  NPO法人全国水環境交流会 山道省三

 ・パネルディスカッション
  パネラー: 環境省海洋環境室
         国土交通省 河川環境課
         保津川遊船企業組合
         京都市チェーンストア協会(申請中)
  コーディネーター:NPO法人プロジェクト保津川 原田禎夫

 ・交流会(希望者のみ) 京都学園大学内にて(会費3000円)

 ※3月5日(日)は亀岡市内で「保津川の日」のイベントがあります。自由にご参加ください。

■参加お申込み: (定員まで先着順です。お早めにお申込みください)
参加申込フォーム用紙をご利用、または下記内容をご記入の上、
E-mailまたは FAXで、下記お問合せ先までお申込みください
(お申込み後2日たっても確認メールが届かない場合は、お手数ですが事務局までご連絡ください)
(1)氏名    :
(2)所属   :
(3)連絡先Tel :
(4)連絡先 E-mail
(5)交流会への参加有無 : 参加する/参加しない
(6)配布用参加者名簿への記名: 希望する/希望しない

■お問合せ
:全国川ごみネットワーク事務局
    (NPO法人 荒川クリーンエイド・フォーラム内(担当:伊藤))
      TEL:03-3654-7240 FAX03-3654-7256
       E-mail:kawa53#kawagomi.jp(#を半角@に変更ください)

※本イベントは、公益財団法人河川財団による、河川基金の助成を受けています※

 ⇒ 第3回川ごみサミット亀岡保津川チラシ(申込用紙付)【PDF】

チラシ(表)
チラシ(裏)