• 企業・団体のみなさまへ
  • 個人・グループのみなさまへ
  • ご参加いただいているみなさまへ

■河川ごみはもはや他人事ではない?

近年、伊勢志摩サミットでもその対処について議論がされた海洋ごみ問題。社会課題としてようやく世間に認知され始めたようです。

ところで、海洋ごみの5~8割(例えば、JEAN,2007)は河川を通って海へと流出している(※)ことをご存知でしょうか?

古いようで新しい社会課題河川ごみ。

このページでは河川ごみについて紹介します。

※Ocean Conservancy(2009)のレポートでは海洋ごみの95%が陸域由来といった報告もあります。

■最初に

科学の力は日進月歩です。このページの記載内容についてはあくまで私たちが調べた段階で分かっていることです。このページは"いつも情報更新中"です。情報は適宜ご自身でアップデートしていただけると幸いです。

■荒川から地球が見えてくる!

都市部を流れる荒川を例にとってみてみましょう。荒川の流域人口は約980万人と言われ、国内においても沿川に最も多くの人々が住んでいる川の1つです。荒川には人工河川ながら豊かな自然が創出されています。河川敷には以下の写真のように大量の人工系ごみが漂着・堆積しています。これも荒川の1つの姿なのです。この約300㎡エリアに漂着したペットボトルの数は推計5万本にもおよびます。

gooddoでクリック募金。

1日1回無料で支援できます。

右下の応援するボタンを押して下さい。

 

■生態系への影響

破片となり生き物に取り込まれる

マイクロプラスチックという言葉をご存知でしょうか?環境中に流出した大きさ5mm以下のプラスチックごみの総称です。水中の有害化学物質(PCBsやDDTs)との親和性が高いことからそれらを吸着することが知られています。マイクロプラスチックに付着した有害化学物質は食物連鎖を通じて生物濃縮されることが懸念されています。生物へ及ぼす影響については現在研究途上にあると言えます(山下ら、2016)。ナノサイズまで細かくなったプラスチックごみは物理的にはプランクトンや稚仔魚にも取りこまれることが分かっており、今後、予防原則的な措置が必要になってくるでしょう。

生き物にからみつく


これはタイマイという種類のウミガメです。子ガメの時に漁網に絡まってしまったのでしょうか?腐食しにくい漁網はじわじわと彼らを蝕みます。また、ウミガメがビニール袋を誤食し、死亡するといった報告もあります。誤食はしますが死亡することについての科学的な根拠は薄いです。

そして世界の海へ・・・

「太平洋ごみベルト」をご存知でしょうか?サンフランシスコとハワイのほぼ中間にあたる北太平洋に存在します。海流のよどみとなっているこの海域では、様々な漂流物が集積しています。プラスチック類などの人工系ごみも多く、目に見えないほど細かくなったそれらのごみを魚介類や鳥類が誤飲・誤食している事例(例えば、綿貫2014)が報告されています。

川ごみはまったなしの社会課題

■ICC調査って?
荒川クリーンエイド・フォーラムではICC(International Coastal Cleanup:国際海岸クリーンアップ)調査を行っています。ICCの詳細は(一社)JEANのwebサイトに紹介されています。

ICCはアメリカの環境NGO「オーシャン・コンサーバンシー(Ocean Conservancy 」の呼びかけに応えて、1990年に日本でもスタートした国際的な海洋環境保護活動です。

ICCには・・・

1.世界共通の方法でごみのデータをとりながら

2.世界のデータと比較できる

3.ごみの発生源対策に向けデータが活用される

4.調べることでごみ問題の気づきを促す

といった特徴があります。

2009年に公布・施行された海岸漂着物処理推進法にもICCの結果が活用されました。

荒川クリーンエイド・フォーラムが使用しているのは国際海岸クリーンアップ(ICC)キャンペーンに準拠した河川版ICC調査カードです。40項目以上にわたり分類することから面倒な調査ですが、「面倒なことには価値がある」です。

 

記録をするのは少し大変ですが、ただ清掃するではなく、活動により意義を持たせたい場合はぜひご利用をご検討下さい。

■人工系ごみとどう向き合うかが問題

河川・海洋ごみ問題は、プラスチックなどの人工系ごみとどう向き合うかということです。私たちの生活に深く浸透した軽量で丈夫なプラスチック。プラスチックのない生活は考えられるでしょうか?世界的にGDPが成長する中で今後も容器包装の需要は増え続けるでしょう。当初から使い捨てを想定した容器包装などに難分解性のプラスチックフィルムやシートを使用することについて見直しが必要なのかもしれません。

知らないうちに関わっている河川ごみ問題

自分は関係ないと思っていても・・・

・洗顔剤や歯磨き粉の中のスクラブ材(マイクロビーズ)。

※現在は日本国内でマイクロビーズを使用している企業はありません。

・ごみ収集日に出したごみをカラスが荒らして・・・。

・車のタイヤの粉塵が道路から川へ。

・衣服の化学繊維が洗濯することで自然界へと流出。

などがあります。

最近の研究では、食卓塩にマイクロプラスチックが入っているといった研究結果(Ali et.al.,2017)もあります。河川・海洋ごみといった問題に留まらず生態系や食糧問題にも直結する課題です。

■自然界に既に出てしまったごみどうすればいい?

発生源対策と同時に自然界に流出してしまったごみは「早期回収」が大切です。時々刻々と微細化・拡散化し、マイクロプラスチックになってしまえば事実上、全量を回収することは不可能になります。

荒川クリーンエイド・フォーラムでは三井物産環境基金の資金サポート(2016年~2018年)、東京理科大学の協力を受け、荒川の河口域にある河川ごみが大量に漂着・堆積しているエリアにてごみの漂着・堆積メカニズムを調査・研究しています。

東京理科大と連携した調査・研究活動。漂着ごみの量をモニタリングすることでごみの堆積状況を把握。清掃イベントを誘致し、効果・効率的な回収方法について調べています。

■海洋に流出しているごみの量

河川から海洋へ流出するプラスチックごみの量を推定したレポート(Laurent et al.,2017)があります。主要な排出源はアジア圏であり、世界のワースト20河川から世界全体の約7割のプラごみが流出していることが述べられています。日本国内からの年間推定6万トンのプラごみが流出していると言われています(環境省2016)。海岸漂着物は外国から来るといった認識がある方も多いと思いますが、過去に遡って考えると日本も多くの海洋ごみを流出させてきたと言えます。Jambeck et al.(2015)によれば、最も多くのプラスチックごみを海洋へと流出させている国は中国(353万トン)、次いでインドネシア(129万トン)、フィリピン(75万トン)と推算されています。

■プラごみのリサイクル率

-ペットボトルを例に-

ペットボトルを例にリサイクル率を考えてみます。PETボトルリサイクル推進協議会(2016)による報告では2015年度のリサイクル率は86.9%とされています(サーマルリサイクルを含む)。欧州のリサイクル率は約40%、米国は約20%ですので、かなり高い値であることが分かります。日本におけるペットボトルの2015年度の生産本数は205.3億本ですので、10%がリサイクルされないとすると

約20億本となります。

年間20億本のペットボトルがリサイクルされておらず、このうちの何%かが自然界に出るだけでも回収には大変な労力がかかります。

■誰でも簡単に始められます

なかなか根の深い河川・海洋ごみ問題ですが、ごみ拾い活動は最も身近な社会貢献活動の1つです。市民団体で、企業で、などなど当フォーラムでもお手伝いしています。お気軽にお問合せ下さい。

社会貢献活動と社員交流プログラムで

手ぶらでできる社会貢献をパッケージ化しています。オプションプログラムとして生物多様性について考えるものや自然環境教室があります。詳細はこちらから

新入社員研修で

社会課題「河川ごみ」を原体験することでチームワークを醸成したり、川ごみを切口としてシステム思考を養います。詳細はこちらから

調査・研究活動をご支援ください。

なかなか資金的な援助が少ない河川ごみ問題にご支援ください。

1日1回のクリック募金で無料で簡単支援(応援するボタンをクリック!gooddo

寄付/入会についてはこちら

かざして募金(クレジットカードによる募金)

講師派遣を行っています。

工場や敷地の回りの清掃活動が世界とつながっている!?

社会課題「河川・海洋ごみ」について知りたい、既に実施されている社会貢献活動にさらに意義を見出したい、そんな時は講演講師を派遣しています。

<2016-2017年の主な実績>

・ NOWPAP(北西太平洋地域海行動計画)

・(一社)プラスチック循環利用協会様

・(公社)環境教育フォーラム(シニア自然大学)

・下水道展'17

マイクロプラスチックでアート体験!?

心にも頭にも良い親子で楽しめるプログラムです。マイクロプラスチックを素材に工作教室などご要望に応じてプログラムをアレンジします。アート系NPOとのコラボも可能です。お問合せ下さい。

認定NPO法人あっちこっちの作品(周 平 氏)

生物多様性保全活動についてはこちら

gooddoでクリック募金。

 1日1回無料で支援できます。

右下の応援するボタンを押して下さい。

【参考文献】

JEANクリーンアップ全国事務局(2007):クリーンアップキャンペーン2007REPORT.

Ocean Conservancy( 2009): International coastal cleanup
report 2009, Washington.

綿貫豊(2014):海鳥によるプラスチックの飲み込みとその影響、海洋と生物Vol.36-No.6、pp.596-605.

Jambeck, Jenna R., et al. (2015) :Plastic waste inputs from land into the ocean, Science 347.6223: pp.768-771.

環境省(2016):海洋ごみとマイクロプラスチックに関する環境省の取組,海洋ごみシンポジウム2016資料.

山下 麗・田中 厚資・高田 秀重(2016):海洋プラスチック汚染:海洋生態系におけるプラスチックの動態と生物への影響、日本生態学会誌 Vol.66、pp.51-68.

PETボトルリサイクル推進協議会(2016):PETボトルリサイクル年次報告書2016、21P.

Ali Karami et.al (2017):The presence of microplastics in commercial salts from different countries,Sci Rep. 2017; 7: 46173.

Lebreton et.al (2017):River plastic emissions to the world’s oceans,nature comunications8,article number 15611.


■お問合せ先

TEL:03-3654-7240

renraku*cleanaid.jp

メールの際は*を@に変えて送信ください。

インフォメーション

  • 最新情報
  • 社員研修
  • CSRプログラム
  • 社会課題河川ごみ
  • 生物多様性
  • ボランティアスタッフ募集
  • 応援するには
  • 環境学習コーナー
  • メディアでの紹介
  • 荒川いきもの生活日記
  • 20周年特集
  • LINEスタンプ
  • 事務局ブログ
  • 『NPO法人 荒川クリーンエイド・フォーラム』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
  • かざして募金のご案内
  • 全国川ごみネットワーク