• 企業・団体のみなさまへ
  • 個人・グループのみなさまへ
  • ご参加いただいているみなさまへ

 

荒川クリーンエイド・フォーラムでは、下記の書籍や冊子を編修・発行しています。

あらかわ楽習実践ガイド  【荒川遊学ガイド  【江戸の野菜  【川から地球が見えてくる

あらかわ楽習(がくしゅう) 実践ガイド  
~河川(下流域)を利用した環境学習~

川で楽しく安全に自然体験・環境学習を実践するための
指導者向けガイドブック

  

■はじめてでも安心!実際に踏むステップに沿ってやさしく解説。
■子どもたちが自ら課題をみつけ探求する 「課題学習」や、楽しい「自然体験プログラム」などを組み合わせて年間プラン編成。
■安全面の情報を特に充実。

【主な内容】荒川の自然地マップ、
あらかわ楽習のメニュー、
課題学習のステップと指導、
授業計画と準備、安全管理、
やってみよう!クリーンエイド、
プログラム など

本書は、教育関係の皆さまに配布しております。在庫によっては配布をお断りすることもあります。事務局までお問合せ下さい。

本の送付の際に同封する郵便振替用紙にて、送料をお支払ください。送料等は以下の通りです。
□送料  500円(2冊まで)
□郵便振替口座 00110-6-368041

 

発行日:2008年7月
体裁:B5版 56ページ
編著:特定非営利活動法人
荒川クリーンエイド・フォーラム
あらかわ楽習実践ガイド編集委員会
発行:特定非営利活動法人
荒川クリーンエイド・フォーラム

荒川遊学ガイド        
~荒川下流 自然探検 環境学習~

荒川でできるさまざまな自然遊び・自然観察・環境学習
などを紹介した指導者向けガイドブック

  

■子どもたちと荒川の自然を楽しむネタ満載!
■生きものと水質の関係など、遊びを通して学べます。
■安全面の情報を充実。

【主な内容】ヨシズ作り、
昆虫さがし、トンボ調べ、
池であそぶ、干潟であそぶ、
魚をとってみよう、
外から入ってきた生き物、
水の汚れ調べ、川のごみ調べ など

本書は荒川クリーンエイド・フォーラム主催活動へご参加のお子様等に配布中。

発行日:2005年3月
体裁:A5版 48ページ
編著:特定非営利活動法人
荒川クリーンエイド・フォーラム
あらかわ遊学ガイド編集委員会
発行:特定非営利活動法人
荒川クリーンエイド・フォーラム

江戸の野菜 ~消えた三河島菜を求めて

 

 荒川クリーンエイド・フォーラムでは、『江戸の野菜』(野村圭佑著)を制作し、発行いたしました。本書は、野村前代表理事が永年温めてきたもので、『江戸の自然誌』の系譜に連なる著作です。当フォーラムとしては、絵本「川から地球が見えてくる」に続いて2冊目の出版書籍となります。

 本書には、江戸の人々はどのような野菜を食べていたのか? また、その野菜を生産し、江戸市中へ運ぶために川が果たした役割等が、綴られています。また、都市と近郊の農村間で行われていたリサイクルにも着目、今日の生活を見直すきっかけを与えてくれます。さらに、今は消えてしまった「江戸名産の三河島菜」について貴重な記録を集成、地方野菜を伝統文化として扱うことの意味を問い直します。

ご購入は八坂書房より

amazon
楽天ブックス

紹介記事例:
・読売新聞「将軍様も食べた『三河島菜』を追う」(10/19付 都民版)
・毎日新聞(10/25付 東京朝刊「余禄」)
・日本経済新聞(11/22付 文化欄)⇒詳細
・朝日新聞(11/27付 朝刊 八坂書房広告)
・日経サイエンス(2006年1月号)~ブックレビュー
・月刊「ポータル」(2005年11月号)~p.53
・農文協 季刊「うかたま」(創刊号:2006年1月号)~p.100(佐々木泉 評)
・「江戸の文献から読み解く日本人の食文化と野菜の栄枯盛衰」(松尾義之 評) 他

発行日:2005年9月
体裁:245ページ
著:野村圭佑
発行:特定非営利活動法人
荒川クリーンエイド・フォーラム
発売:八坂書房
定価:2400円

川から地球が見えてくる(絵本)  

 

荒川には素晴らしい自然がある一方、河川ごみや排水など様々な問題も存在します。本書では、それらの原因が地球規模で関連しあっていることを紹介しています。次代を担う子どもたちに対し、身近な川に接しながら、かけがえのない地球環境を考えてほしいとの願いをこめて制作しました。

 

 

※現在はお取り扱いしておりません(絶版本)。

 

amazonで中古本が手に入るようです。

発行日:2004年4月
体裁:B5版 40ページ
編著:(文)野村圭佑/(絵)大田黒摩利
発行:特定非営利活動法人
荒川クリーンエイド・フォーラム
発売:どうぶつ社
定価:1500円