身近な環境問題を考えてみよう! 「環境に悪いゴミ拾いゲーム」に
SMBCフレンド証券株式会社の内々定者が挑戦しました。

●SMBCフレンド証券株式会社CSR活動の一環として荒川クリーンエイドを実施
9/2(火)は大島小松川公園近くの荒川河川敷にて、SMBCフレンド証券株式会社さんの
2015年度内々定者の皆さんが荒川クリーンエイドを実施しました。
当日は60名が参加し、息を吹き返したような暑さの中、10チームに分かれて
クリーンエイドを行いました。

暑い日差しの中60名が参加
暑い日差しの中60名が参加

●どんなゴミが環境に悪い?― ゲーム形式で荒川の環境について考える!
ただゴミを拾うだけじゃない、調べながらゴミを拾うのが「荒川クリーンエイド」。
その活動を理解してもらうためにゲーム形式でゴミを拾い、各チームで競ってもらいました。
ルールは簡単!より環境に悪いゴミをよりたくさん拾ったチームが優勝!というものです。

●環境に悪いゴミ拾いゲーム開始!果たして結果は...?
まずはクリーンエイド実施場所を各チームで視察し、どこでどんなゴミを拾った方が
得点につながるか作戦を立てます。参加者の中からは「うわー汚い!」、
「すごい一杯ある...」といった驚きの声があちこちから聞こえてきました。

チームで協力し合いながらゴミ拾いを行います どんなゴミが落ちているか調べながら拾っていきます

 

制限時間は40分。限られた時間の中で出来るだけ多くのポイントが稼げるように作業します。
ここにもあるぞ!と意気込んで水際近くまでゴミを拾ってくれるチーム、黙々とゴミ拾いを行うチーム、
記録係と回収係に分かれてゴミを拾うチーム、どこで拾おうか検討に検討を重ねる慎重派なチーム等々...
各チームの個性が表れます。
はじめは表情が硬く、チームワークはどうかな?と思っていたチームも、ゲームが進むにつれて
声掛けや報告活動が出来るようになり、表情も柔らかくなってきたようでした。

ヨシ原の奥にもたくさんのゴミが... 重い粗大ゴミは協力して運びます

拾った後は集計とふりかえりを行い、「どんなゴミが環境に悪いか」ということを考察します。

ゴミを拾った後は集計とふりかえりを行います
ゴミを拾った後は集計とふりかえりを行います

●荒川クリーンエイドを通じて感じてもらいたいこと
今回のクリーンエイドを行った結果、参加者の皆さんは荒川の自然豊かな環境、
見た目ではわからないゴミの問題などを知ることが出来たと思います。
「どうしてここにこんなゴミが?」という声も中には聞こえてきました。
そういった疑問を持ち、「自分たちが出来る事は何か?」ということを考えることは
非常に大切だと思います。内々定者の皆さんはこれから後半の学生生活、入社後の業務などで
日々忙しい毎日を過ごされることと思います。

最後は全員で記念写真! 内々定者の皆様、お疲れ様でした!!
最後は全員で記念写真!
内々定者の皆様、お疲れ様でした!!


今回の活動は荒川クリーンエイドのほんの一部でしかありません。しかしながら、
日頃自然に触れる機会が少ないところにこういった活動は、大変良い体験であると思います。
今回の体験を今後の生活の中のふとした瞬間に思い出し、荒川の環境に思いを馳せ、
環境問題、ゴミ問題について意識を向けてもらいたいと思っています。
いずれまた別の「荒川クリーンエイド」で再び会えることを、一事務局スタッフとして
楽しみにしています! (藤森)

荒川クリーンエイドでは、毎年、秋のクリーンエイドに先立って、
実施団体リーダーの皆さんを対象に、体験&説明会を開催しています。
今年は、足立区生涯学習センターと近くの荒川河川敷で開催しました!

 

☆AM 荒川クリーンエイド体験会
荒川クリーンエイドの実際を一通り体験しながら、
リーダーの皆さん向けに、実施のポイントも解説。
荒川クリーンエイドは、ゴミの種類と数を調べながら拾う「調べるゴミ拾い」。
一般のボランティアの皆さんもいっしょに、わきあいあいと楽しく体験されていました。

クリーンエイドの意義や手順の説明

真剣に聞き入る参加者のみなさん

 

調べるゴミ拾い

グループに分かれて、種類と数を調べながら拾っていきます

 

ふりかえり

どんなゴミが多かったかな、
ゴミはどこからやって来るのでしょう?
拾ったチームで話してから、全体で共有します

 

自然遊びの紹介

今回は、ヨシ笛とカニさがしを体験!
みなさん、楽しそう(^^♪

 

 

☆PM 荒川クリーンエイド説明会
午後は、クリーンエイド実施団体のリーダーの皆さんが集まって、
じっくりクリーンエイドの意義や実施手順、安全管理などについて、
ガイダンスと質疑応答などを行いました。

荒川クリーンエイド実施ガイダンス

クリーンエイドの意義、実施手順、安全管理など

 

体験&説明会を皮切りに、今年も、荒川流域のさまざまな場所でクリーンエイドが開催されます。
どの会場も、安全で楽しく、そして有意義な活動が行われますよう願っています!

8/24(日)自転車のマナー向上に取り組む(一社)グッド・チャリズム宣言プロジェクトさんと、
初のコラボイベントを開催!

荒川河川敷をサイクリング、利用者にマナーアップを呼びかけるチラシ配布に加え、
荒川クリーンエイドも実施いただきました!

今までも、マラソン大会でのゴミ拾いをご協力いただいていましたが、
いっしょに荒川河川敷の利用環境など向上をめざしてのコラボとして、今回は、
ザ!荒川クリーンエイドという、水際のゴミ拾いをしていただきました。

今回スタッフがとてもうれしかったのは、
○道路から水際に入り、ゴミを見て衝撃を受けたという声。ゴミ拾い後に、皆さんから聞いた感想です。
「話に聞くのと、実際にゴミ拾いを行うのとでは、まったく違う」
「川にあるゴミというよりは、台所のゴミがそのままここにあるという感じ」などなど、
一人ひとりにたくさんの「気づき」があったと実感しました!
そして、
○河川敷をランニングされていた方が飛び入り参加!  時々、荒川クリーンエイドをしているところをランニング中にみていたということで、
今回声をかけ、最後まで参加してくださいました(*^_^*)
活動が利用者に拡がっていく姿がみれたようで、とってもうれしい出来事でした!!

ここからは活動の写真とともに。
まずは、朝9時、葛西臨海公園をスタート!荒川河川敷を上流へ。
140824pic1140824pic2

そして、クリーンエイド会場へ。サポートスタッフが下準備をしながら待っています。
準備・説明の後は、さっそくクリーンエイド開始!みなさんすごく真剣です(^-^)
140824pic3140824pic4

140824pic5140824pic6

そして、ふりかえり。ゴミが環境や生き物に与える影響を真剣に聞いてくださっています。
ゴミは、わずか30分ほどで、45Lゴミ袋 57袋、粗大ゴミ 13個 を回収。
ゴミ袋の約半分は、ペットボトルという結果でした。
140824pic7140824pic8

ゴミ拾いの後は、再び荒川河川敷を上流に向けてスタート!2ヶ所にわかれて、マナーアップのチラシを配布。
140824pic9140824pic10

荒クリスタッフも、岩淵水門の近くのポイントへ一緒に移動して、チラシ配布を行いました。
近くのバーベキュー場では、たくさんの方がバーベキューを楽しんでいた為、
私たちは、バーベキューをしている方々に、荒川クリーンエイドの参加呼びかけと、自転車のマナー向上の呼びかけを
140824pic11140824pic12

ここで、荒クリはグッチャリさんとお別れ。
グッチャリの皆さんは、さらに上流、ゴールの彩湖までサイクリング!

皆さんに初めて荒川の水際に溜まるゴミを見て・拾っていただき、
私達も初めて河川敷を利用する一般の皆さんへチラシ配布。
お互いに新しい体験をし、楽しく有意義なイベントでした(*^_^*)
今後もこんな風に、様々な人とコラボして、みんなでお互いの活動を広げていきたいと思います。

参加者のみなさん、暑い中おつかれさまでした!!。
140824all

「社会貢献は大人の部活だ!」と掲げて活動をしている
豪田ヨシオ部(運営:(株)クリエイティブPR)と共催で
6月29日(日)に「大学対校ゴミ拾い甲子園」を開催しました。




■"ゴミ拾い甲子園"って?
このゴミ拾いが様々な点でユニーク。

まずはネーミング
「甲子園」とついていると何たろう?って気になったでしょうか?
当初はゴミ拾いに「甲子園」と付けて競争心をあおって良いのかの議論もあったようですが、いざ現場でゴミ拾いを始めると、競うよりは、荒川をキレイにすることに夢中かつ活動を楽しんでいるようで心配は不要でした。
甲子園の名にあわせ、選手宣誓ではじまり、優勝チームにはトロフィー授与もあります。

そしてゴミ拾いをゲームにしています
荒川クリーンエイドでは、研修用にゴミ拾いゲームを実施していることもあります。
今回はそれを単純化して、楽しみながら環境のことを考えたくさん拾うゲームとして実施しました。



■大学対抗で優勝をめざす!
大学対抗で展開
この日のイベントは大学生でなくとも、どなたでも参加いただけるものでした。個人参加の方どうしでチームを作って参加もいただけます。そんなオープンな大会でしたが、大学対校というコンセプトで多くの大学生がチームを作って大人数で参加いただいたことは画期的であり、嬉しいものでした。

当日は、
武蔵野大学、帝京大学、東洋大学、早稲田大学、神奈川大学 、千葉商科大学・和洋女子大学、ボランティアチームfree、日本大学、東京理科大学、桜美林大学 以上10大学チーム、合計約200名の大学生が参加して熱き戦い(?)が行われました。
水際のゴミの多さに驚き、ヤル気満々の参加者(選手(?))の皆さんは、チームで協力してたくさんのゴミを回収してくれました。

「川ごみ調査カード」を利用して、チームでゴミの種類ごとの数を数えながら拾うゴミ拾いは荒川クリーンエイド共通のもの。
ゴミを拾い、数を数えていると、「また、飲料びん3個」と、ゴミの内容も気にしていている様子です。




■楽しく、ゴミについて学ぶ
サークルの仲間と共に楽しくワイワイと、かつ熱くボランティ活動に臨まれた皆さんの活動は清清しいものでした。ゴミを拾いながらゴミの影響や原因などを知って、感じていただき意義ある活動となり嬉しく感じました。

荒川でのゴミ拾いがボランティア活動を始めるきっかけとなれば、嬉しいことです。

優勝した武蔵野大学チームには、トング型の優勝トロフィーが授与されました。

みなさんで回収したゴミは、118袋(45リット入り)と、粗大ゴミ42個!
おつかれさまでした!(伊藤浩子)

当日の詳細は以下でも紹介いただいています。
・豪田ヨシオ部HP (わかりやすく楽しく紹介してくれています。)
http://godayoshiobu.blogspot.jp/2014/07/2-200_9.html

・マイナビスチューデント(記者さんの目から見た報告は新鮮)
http://student.mynavi.jp/freshers/column/2014/07/14071917.html

4月14日(月)、SMBC日興証券株式会社の総勢500名以上の新入社員の皆さんが
CSR活動の一環として荒川クリーンエイドを実施されました。
午前中に、荒川を清掃する意義など聴いた皆さんは、午後現地に移動。
荒川クリーンエイドの調査するゴミ拾いに取り組みました。

大きく2エリアに別れ、それぞれでゴミ拾いを開始。荒川の水際に沿って、合計1km弱の
距離で活動されました。
140414SMBC01.JPG140414SMBC02.JPG

6人1チームとなり、一つひとつ数えて記録しながらゴミを拾います。
環境への影響を考えながら、粗大ゴミから小さな破片ゴミまでをチームで力を合わせて回収。
ヨシの中に埋もれているゴミまでも積極的に取り出してくれました。
140414SMBC04.JPG140414SMBC03.JPG

粗大ゴミも積極的に回収してくれましたので、この日だけで、タイヤやシートやマットレスなど合計86個の粗大ゴミを回収。
140414SMBC05

ゴミ拾いの後には、チームで活動をふりかえり、全員の前で発表。
140414SMBC06.JPG

140414SMBC07.JPG

河川敷に漂着している大量のゴミを見て、実際に活動された皆さんは、ゴミや社会貢献活動
に対する意識も変わったようで、
「無駄なゴミが出ないように工夫する」
「CSR活動に積極的に参加する」
「CSR広報に力を入れ社会を啓蒙する」など頼もしい意見がいくつも出されました。
140414SMBC08s140414SMBC09s

この日に回収したゴミは
  燃やすゴミ257袋/燃やさないゴミ87袋/ペットボトル80袋
   合計424袋(45リットル)
大勢の新入社員の皆さんで水際のゴミを一掃していただき、荒川や海の環境保全に
大きく貢献いただきました。おつかれさまでした。
140414SMBC10.JPG