• 企業・団体のみなさまへ
  • 個人・グループのみなさまへ
  • ご参加いただいているみなさまへ

 

ごみ拾いだけではもったいない!荒川にある自然に親しむことも大切。
荒川クリーンエイド・フォーラムのスタッフ(事務局・運営委員)には、(自称!?)自然案内人がたくさん!その得意分野を紹介します。

 

遊び仕事人 ★ 佐藤 正兵 

新潟県の農家に生まれ70数年。福島潟近くの水郷地帯で育ち、フナやコイなど魚を獲って遊ぶ子ども時代をすごした。荒川クリーンエイドに関わる中で、子ども時代の経験を元に、子どもたちに昔の仕事や遊びを教えている。投網、ヨシ笛、ヨシズ編み、弓矢遊び、草履つくり、薪割り、炭焼き、竹とんぼ作り等など。百姓とは百の仕事を持つ人、現代の百姓を自認し、人の生活と自然の関わりに注目して自然を案内している。荒川クリーンエイド・フォーラム創設メンバーの1人。現在は監事として業務監査を担当。

得意分野:投網、自然遊び

川に学ぶ活動体験活動協議会(RAC)インストラクター1種、自然体験活動推進協議会(CONE)リーダー、国土交通省河川環境保全モニター、環境再生医(自然環境部門中級)など

佐藤 正兵
ライン

自然案内人 ★ たかやま 

子どもたちに自然の中で様々な体験をし、多くのことを学んでもらいたいという想いで数多くのサポートをしています。
子どもの目線になり自然の楽しみ方を教える「頼れるお父さん」のようで、わかりやすい解説は子どもにも大人にも大人気です。
毎月、荒川の自然地で自然回復に奔走中!
東日本大震災ボランティアをはじめ、多くのボランティアに参加しています。

得意分野:魚、昆虫、植物など自然観察全般、投網

日本自然保護協会自然観察指導員、中土手に自然を戻す市民の会世話人

たかやま まこと
ライン

投網師 ★ 石川 勉 

子どものころは、小学校から家に帰ると右手に手網、左手にバケツを持って家の近くの水路に毎日通いました。しかし中学校になると、生活や遊びが変わり、たまの釣りを除いては、あまり川にも行くことも無くなり……はや数十年。10年ほど前偶然に投網を教えてもらう機会があり、それ以来私の休日は、小学生の時代に戻ってしまい、荒川をはじめいろいろな場所で投網を打っています。

得意分野:投網

川に学ぶ活動体験活動協議会(RAC)インストラクター1種、自然体験活動推進協議会(CONE)リーダー

石川 勉
ライン

野鳥観察人 ★ 栗林菊夫 

野鳥を見だしてから30年以上。これまでで一番印象に残る活動は、板橋区内で繁殖したツミ(日本で一番小さい鷹)の映画を製作(・岩崎雅典監督・群像舎・科学技術映像祭で文部科学大臣賞受賞)したことです。現在は、板橋区内の野鳥調査や小学校などの行事に協力しています。

得意分野:野鳥

いたばし野鳥クラブ会長、財団法人日本野鳥の会会員(30年以上)、荒川自然連絡会代表を歴任、国土交通省河川環境モニターなど

栗林菊夫
ライン

野鳥観察人 ★ 石本 誠 

自然観察会を兼ねた彩湖の調査を始めて20年。四季を通して彩湖の自然観察会、戸田橋~笹目橋、彩湖に生息しているガン・カモ調査、荒川や緑川の水質・生き物調査などをしています。観察会&調査をして自然を守り育てるためのデータを収集することは大切です。

得意分野:野鳥

(財)埼玉県生態系保護協会戸田蕨支部長、荒川夢クラブ会長、戸田環境審議会委員など

石本 誠
ライン

荒川で子どもと遊んでいるおばさん ★ 林 美恵子 

荒川の本流、水系支流に出没し子どもたちと遊んでいます。荒川の土手で草花を覗き込み、鳥たちやチョウなど追いかけ、時々、ぼーっとして楽しんでいます。荒川でごみを拾ったり、動植物を調査したり、市民の皆さんや小中高校生向けに荒川に親しむイベント、体験活動や授業なども行っています。本業は外国人や留学生に日本語を教える日本語教師です。
皆さん、おいでよ、荒川へ、遊びましょ、荒川で。

得意分野:植物、野鳥、国際交流、国際理解、異文化交流

川に学ぶ活動体験活動協議会(RAC)インストラクター1種、自然体験活動推進協議会(CONE)リーダー、中学校高等学校社会科教員免許、日本語教育能力検定試験合格

林 美恵子
ライン
 

自然案内人★今村かずゆき(むーいま) 
「細かな知識よりもとにかく楽しむこと」がモットー。聞きかじっただけの知識を振り回すこと20年。実は子どもが苦手・・・でも子どもの方が放っておいてくれない・・・お手柔らかにしてください。

得意分野:知識のいらない自然観察

博士(工学:生態工学)、元(財)日本自然保護協会自然観察指導員

むーいま

 

ライン

自然名人たちが荒川の動植物を紹介します!

荒川の動植物を週刊でご紹介するブログです! 下のバナーをクリックしてご覧ください。

週刊☆荒川いきもの生活日記