ラムサール条約湿地として登録された葛西海浜公園内の西なぎさでスポGOMI大会を実施します。

スポGOMIは、従来型のごみ拾いにスポーツのエッセンスを加え、社会奉仕活動を競技へと変換させた新しいスポーツです。
本講座では、ごみ拾いや講義を通じて、海ごみ問題や干潟の生物多様性を考えます。
なお、本講座は東京2020オリンピック競技大会500日前イベントとして実施します。

■日時
平成31年3月16日(土)9:30~12:30

■会場
葛西海浜公園西なぎさ・葛西臨海水族園〈JR京葉線・葛西臨海公園駅より徒歩11分〉
《会場地図》https://goo.gl/maps/i56F2jTNrKJ2

■定員
80名(申込期限:2月17日 定員を超えた場合は抽選)
※チーム(3~5名)または個人(1~2名)でお申込みください。
※小学生以下の申込みの場合は、保護者1名以上の参加が必要です。

■プログラム(参加費無料)
【第1部】スポGOMI大会 場所:西なぎさ
  講師:一般社団法人ソーシャルスポーツイニシアチブ 代表理事 馬見塚健一氏
【第2部】講義 場所:葛西臨海水族園
テーマ1.「みんなが当事者、海ごみ問題~川から見えてくること~」
  講師:NPO法人 荒川クリーンエイド・フォーラム  五十嵐実氏
テーマ2.「干潟の生物」
  講師:葛西臨海水族園スタッフ

【詳細及びお申し込み情報】
https://www.tokyokankyo.jp/19379.html

【問い合せ】
公益財団法人東京都環境公社 
総務部 経営企画課 連携推進担当係 
TEL:03-3644-8886

■主催:東京都環境局  
実施:公益財団法人東京都環境公社  
協力:江戸川区、DEXTE-K