最新情報

全国川ごみネットワーク主催で、
1月22日(金)に開催された「第2回川ごみサミット」の様子を
たくさんの写真とともにブログで紹介しています。

ぜひご覧ください。(荒川クリーンエイド・フォーラム事務局ブログ:「第2回川ごみサミット」を開催)
 ⇒http://blog.canpan.info/araclean/archive/374

160122smt31160122smt02160122smt01

2016年1月からは、「荒川クリーンエイド2016」 がスタートしています!

荒川クリーンエイドは1年中実施いただけます。
まだまだ寒さも続きますが、ゴミがよく見えるこの季節は、ゴミ拾いが最適☆

2016年も「荒川でちょっといいことゴミ拾い」ぜひ実施ください。
団体、グループでの活動予定が決まりましたら、早めにお申込みまたは事務局へのご相談を
お願いいたします。
ご不明な点は遠慮なく事務局までご質問ください。
(tel:03-3654-7240、Eメール:renraku*cleanaid.jp(*を半角@に変更ください))

実施申込の受付は、なるべく実施の2ヶ月前までにお願いいたします。 
  まだ先の予定でも、すでに実施日時が決まっている場合は、お申込ください。

※ 実施申込用紙のダウンロードは、「必要書類のダウンロード」(https://www.cleanaid.jp/repeat/dl)から

荒川クリーンエイド・フォーラムでは、「ゴミ拾いのときはマイボトルを持って参加しよう!」という呼び掛けを行っています。マイボトルをきっかけとした日頃からのゴミ減量を意識してもらうために「マイボトルdeゴミ拾い。」キャンペーンを2010年より取組んできました。

〇「マイボトルdeゴミ拾い。」キャンペーンについてはこちら

■2015年はキャンペーン内容を強化
2015年はキャンペーンをより強化すべく、秋のクリーンエイド全実施会場にキャンペーンについて紹介する説明パネルの配布や、キャンペーンに積極的に協力いただける会場に給水タンクの配給を行いました。積極的に取組んだ会場では参加者に対してアンケートを実施していただき、マイボトル持参の意識やイメージなどについて調査を行いました。
MBC_setsumei MB_riyou
▲説明パネル:A3判サイズカラー4枚組、裏面に解説      ▲持ってきたマイボトル給水できるようタンクを配布


■アンケート集計結果
今回行ったアンケートについては以下の通りとなりました。

アンケート概要 (参加者用)
〇実施期間:2015年9月~12月     〇実施会場数:9会場
〇対象:荒川クリーンエイド参加者   〇回答者数:262人

<Q1.マイボトル持参のお願いを知っていましたか?>
MB_jisan
・回答者の1/4が、マイボトル持参のお願いを知ってくださっていました!


<Q2.当日マイボトルを持参しましたか?>
MB_jisanritsu
・調査会場ではマイボトルの持参率は4割でした。


<Q2-1(持参をしなかった人に)理由は何ですか?>
MB_jisanshinai_riyu
持参しなかった理由としては「持っていない」という回答が約半分の割合を占めました。


<Q3.これまでの普段のマイボトル使用頻度を教えてください。>
CAmae_ishiki


<Q4.クリーンエイドを通してマイボトルを持ちあるこうと思いましたか?>
CAato_ishiki
※Q2.で「ときどき持ち歩く」、「持ち歩かない」と回答をした人のみ

使用頻度では「ときどき持ち歩く」と「持ち歩かない」と答えた方が全体の約9割を占めました。
この中でクリーンエイド 後には「いつもまたはこれまでより持ち歩こうと思った人」が全体の8割以上を占め、意識が高くなっていることがわかります。



<Q6.マイボトルのイメージを教えてください。>(複数回答)
MB_image
マイボトルの良いイメージでは「環境に良さそう」「節約」が多く挙がりました。逆に「重い」、「洗うのが面倒」が悪いイメージでトップとなりました。


<Q7.マイボトルの利用はゴミを削減するために有効だと思いますか?>
MB_yuko
回答者の約9割がマイボトルの利用がゴミの削減に「とても有効」、または「まぁまぁ有効」という印象を持っていることがわかりました。


■クリーンエイドの参加で環境保全意識が向上
今回のアンケート結果から、クリーンエイド参加後にこれまでよりも日頃からマイボトルを持参しようと思った人が多いことがわかりました。クリーンエイドへの参加が環境保全意識向上のきっかけとなっているといえます。

今後も全会場でのマイボトル持参率をさらに上げていくよう、呼びかけを行い、クリーンエイドへの参加がゴミ減量意識の向上につながることを目指します!


kawagomi2016_top_img620
川には、私たちの身近な生活と密接に関わるゴミが多く漂着し、生態系への悪影響が懸念される事態に至っています。もはや、川ごみを拾うだけでなく、発生や流出を抑制すべく行動する時期となっています。
そこで、全国の河川・海洋環境保全に取り組む市民団体や個人、産官学とともに解決に向けた意見交換を行う「第2回川ごみサミット」を開催いたします。
皆様のご参加をお待ち申し上げます。

■日時:2016年1月22日(金) 13:30~17:30(13:00開場)

■会場:明治大学(駿河台校舎) リバティタワー16階 1165教室
      (東京都千代田区神田駿河台1-1)

■参加費:1,000円(資料代として)
      ※交流会参加の場合は別途3,500円
■参加対象:河川・海洋環境保全に関心のある方(定員100名:先着順)

■主 催:全国川ごみネットワーク
■協 賛:日本プラスチック工業連盟

■プログラム(予定)
  テーマ:「今こそ 連携の必要性」
 13:30 開会、挨拶
 13:40~ これまでの経緯について
 14:00~ 話題提供 (予定) 
   1)街との連携       明治大学 政治経済学部    大森 正之 氏
   2)海と川(陸域)との連携 環境省 水・大気環境局 海洋環境室 坂本 幸彦氏
   3)内水面漁業の現状    全国内水面漁業協同組合連合会  御手洗 真二 氏
   4)河川行政との連携    国土交通省 河川環境課     千葉 亮輔 氏
   5)都道府県行政との連携 東京都環境局 一般廃棄物対策課 千葉 稔子 氏
    (休 憩)
 15:30~ 全体討議 & 意見交換 ~川ごみの低減に向けて~ (110分)
       ・話題提供(主な発言予定者 各10分×5名 )
   6)伊勢湾での取り組み  奈佐の浜プロジェクト委員会 近藤 朗 氏
   7)企業・業界として   プラスチック工業連盟    岸村 小太郎 氏
   8)街での取り組み    NPO法人グリーンバード   横尾 俊成 氏
   9)保津川流域での取り組み NPO法人プロジェクト保津川 原田 禎夫 氏
   10)モデル調査の展開に向けて 一般社団法人JEAN   小島あずさ 氏
     ※コーディネータ JEAN /川ごみネットワーク     金子 博 氏
     ※助言者     河川協力団体全国協議会/全国水環境交流会 山道省三氏
     
 17:20~ まとめ、閉会                          
 17:30 終了

 18:00 交流会(希望者)

■参加お申込み

参加申込フォーム用紙をご利用、または下記内容をご記入の上、
E-mailまたは FAXで、下記お問合せ先までお申込みください
(お申込み後2日たっても確認メールが届かない場合は、お手数ですが事務局までご連絡ください)
(1)氏名    :
(2)所属   :
(3)連絡先Tel :
(4)連絡先 E-mail
(5)交流会への参加有無 : 参加する/参加しない
(6)配布用参加者名簿への記名: 希望する/希望しない

■お問合せ
:全国川ごみネットワーク事務局
    (NPO法人 荒川クリーンエイド・フォーラム内(担当:伊藤))
      TEL:03-3654-7240 FAX03-3654-7256
       E-mail:kawagomi*cleanaid.jp(*を半角@に変更ください)

※本イベントは、公益財団法人河川財団による、河川整備基金の助成を受けています※

kawagomi2016flyer2_img
 ⇒チラシ(申込用紙付)【PDF】

荒川からも排出されてしまう海ごみは、日本国のみならず、世界共通の解決すべき課題となっています。

平成27年6月に行われたG7・エルマウサミットで合意された首脳宣言においても、
海洋ごみが世界的な問題であることが改めて認識されました。
この海ごみに関するシンポジウムを環境省・東京海洋大学が主催して開催します。

このシンポジウムで、荒川クリーンエイド・フォーラムも環境NGOの取組みとして活動を紹介します。
海ごみ、川ゴミ問題を考えるうえで、ぜひご参加ください。

■日時 : 平成28年1月23日(土) 9:00~18:00 国際シンポジウム
             1月24日(日) 9:00~17:00 国内シンポジウム(日本語)
             いずれか1日のみの聴講も可能です。

■会場 : 東京海洋大学品川キャンパス
      (東京都港区港南4-5-7)

■参加費: 無料 (1/21までに事前申込が必要です)

■主催 : 環境省・東京海洋大学

【主な内容】
・23日(土) 09:00~18:00 国際シンポジウム(同時通訳あり)
               (講師は国内外の研究者合わせて10名程度)
・24日(日) 09:00~17:00 国内シンポジウム(日本語)
 発表者(発表順)
 ・NHK報道局
 ・NPO法人荒川クリーンエイド・フォーラム (9:45~の予定)
 ・JEANクリーンアップ全国事務局
 ・日本釣用品工業会
 ・香川県環境森林部  
 ・沖縄県環境部
 ・東京海洋大学 内田圭一助教授
 ・大妻女子大学 兼廣春之教授
 ・日本バイオプラスチック協会
 ・イオン株式会社グループ環境・社会貢献部

▼プログラム、参加申込など詳細は、環境省のホームページをご覧ください。▼
  http://www.env.go.jp/water/marine_litter/20161.html

160123leafimg
リーフレットはこちらから【リーフレットPDF】

1211_003mini
環境省が取組む第3回グッドライフアワードにて、当団体の活動テーマ「荒川でちょっといいことゴミ拾い~河川ゴミ拾いのネットワークづくり~」が、実行委員会特別賞「環境と地域づくり」特別賞を受賞いたしました!
グッドライフアワード賞状mini

グッドライフアワードは、環境に優しい社会の実現をめざし、日本各地で実践されている「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取組みを募集して紹介、表彰し、活動や社会を活性化するための情報交換などを支援していくプロジェクトです。
表彰は12/11(金)に「エコプロダクツ2015」と併催で行われ、環境大臣賞受賞の10団体の他、22の実行委員会特別賞受賞団体が参加をしました。

当団体もこの受賞を励みに、さらに活動を推進してまいります!

◆グッドライフアワードについてはこちらから◆

河川敷に残されたゴミが微細化され、生き物たちにも害を与えてしまいます。
そこで、

ゴミを持ち帰り、
きれいな川、魚いっぱいの川と海を
わたしたちでつくりましょう!

わかりやすいメッセージで、ゴミ持ち帰りを呼びかけるチラシを作成しました。

『魚いっぱいの きれいな川を!』
みんなで川を大切にしましょう。

今後、イベント会場などで配布いたします。
sakana_flyer1_300sakana_flyer2_300

 ⇒ゴミ持ち帰りチラシ【PDF】

※本印刷物は、印刷物は、独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金企業協働プロジェクト
 (つり環境ビジョン助成)を受けて作成しました。 

※本チラシをご希望の団体にはお送りいたします。
 事務局までお問合せください。

【お問合せ先】NPO法人 荒川クリーンエイド・フォーラム
      TEL:03-3654-7240 FAX03-3654-7256
      E-mail renraku*cleanaid.jp(*を半角@に変更ください)

荒川でも大きな問題となっているペットボトルなどのプラスチック類のゴミは、
世界的な海洋汚染問題のひとつとして大きな課題となっています。

この度、海ごみ問題を考えるシンポジウムを東京都環境局が開催します。
このシンポジウムで、荒川クリーンエイド・フォーラムも
環境NGOの取組みとして活動を紹介します。
海ごみ、川ゴミ問題を考えるうえで、ぜひご参加ください。

【内容】
1.基調講演 「プラスチックと海洋汚染(仮)」
     大妻女子大学教授 兼廣 春之氏
2.日本の取組み
     環境省 海洋環境室
3.環境NGOの取組み
  1)「ストップ川ごみ!海に出る前に」
     NPO法人 荒川クリーンエイド・フォーラム
  2)「自分たちの住む街をもっと綺麗でカッコイイ街に ~若者がすめる街の清掃~
     NPO法人 green bird

■日時 : 平成27年11月6日(金) 13:00~17:00  ※開場 12:15
■会場 : 東京都議会議事堂1階 都民ホール
       (東京都新宿区西新宿2-8-1)

■参加費: 無料
■主催 : 東京都環境局

▼参加申込など詳細は、東京都のホームページをご覧ください。▼
 http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/resource/general_waste/20151106umigomi.html

 1106flyer_img
  チラシ(参加申込書付き PDF)

鬼怒川の堤防が決壊し、大きな被害を出した関東・東北豪雨での被災者の復旧の支援として
9月のイベント会場で募金活動を行いました。
151016bokin1

■9月19日 荒川ロックゲートフェス会場内での募金は
        30,409円となりました。
■9月23日あだち自然体験デー
9月27日クリーンエイド会場 の2会場の募金合計
        8,348円となりました。

たくさんの温かいご支援ありがとうございました!!

お預かりした募金は、全額常総市へお渡ししました。
後日、常総市より、寄附金受領証明書とお礼のお手紙が届きましたことを報告いたします。
(いずれも画像をクリックすると拡大します)

寄附のお礼状(クリックで拡大)
受領証明書9/19(クリックで拡大)受領証明書9月イベント(クリックで拡大)
被災された方々の1日も早い日常生活への復旧をお祈りいたします。

今年も荒川クリーンエイドは、10~11月に70以上の会場で
実施が予定されています!
どなたでも参加いただける会場がいっぱいあります。

荒川沿川に在住・在勤の方にも荒川クリーンエイドのことを
知っていただき、多くの方に参加いただけるよう
「参加者募集!」のポスター、リーフレットを
近隣の駅に掲示や設置いただいています。

2015poster_eki12015poster_eki2
_____(船堀駅)_____        _____(西葛西駅)_____

ポスターの下には、掲示駅の近くの会場の日時や実施団体名などの
ご案内を記載しています。
2015poster_eki32015poster_eki4

これを見て、荒川近隣の多くの方に、荒川クリーンエイドに
参加いただきたいと願っています。

またポスター設置駅の一部の(荒川下流河川事務所のラックがある)駅では
リーフレットも設置しています。ぜひご利用ください。
2015leaf

【ポスター掲示駅】
☆都営新宿線:船堀駅、東大島駅、大島駅
☆都営三田線:高島平駅
☆東京メトロ東西線:東陽町駅、南砂町駅、西葛西駅
☆東京メトロ半蔵門線:錦糸町駅
☆東京メトロ千代田線:西日暮里駅、町屋駅、北千住駅、綾瀬駅
☆東京メトロ日比谷線:南千住駅
☆東京メトロ南北線:王子駅、志茂駅、赤羽岩淵駅
☆東武線:北千住駅、西新井駅、竹ノ塚駅、とうきょうスカイツリー駅、
     曳舟駅、東向島駅、鐘ヶ淵駅、堀切駅、牛田駅、小菅駅
☆京成押上線:京成関谷駅、京成堀切菖蒲園、四ツ木駅、八広駅、青砥駅
☆JR:赤羽駅
☆埼玉高速鉄道:川口元郷駅

このたび、関東地方を流れる鬼怒川で大水害が発生し、
多くの被災されている方がいます。

日頃から川に親しみ、川で活動する団体として、
また低地に住む住民としてもこの水害は他人事ではありません。
被災された方々の日常生活の復旧への支援として、
NPO法人荒川クリーンエイド・フォーラムでは、
以下の活動時に募金活動を行います。ご協力お願いいたします。

■目 的:常総市で水害を受けた方々の復興支援

■日程と会場:
  (1)9月19日(土) 荒川ロックゲートフェス会場内
             http://www.ktr.mlit.go.jp/arage/arage00476.html
             荒川クリーンエイド・フォーラムのブース
             (都営新宿線 東大島駅より徒歩約15分)
  (2)9月23日(祝) あだち自然体験デー(足立区新田の荒川河川敷)
             http://ces-net.jp/ara-vc/shizen_tkd/
             流域団体ブース内荒川クリーンエイド・フォーラムのコーナー
             (王子神谷駅より徒歩約20分
              または、北千住駅、西新井駅、王子駅からバス)
  (3)9月27日(日) 荒川クリーンエイド・フォーラム共催のクリーンエイド会場
            https://www.cleanaid.jp/information/2015/08/ok0927googchari.html 
             千代田線下流の荒川河川敷
             (北千住駅より徒歩約15分)

■寄付先:常総市役所

※集めた募金は、荒川クリーンエイド・フォーラムが責任を持って、寄付先に寄付いたします。

荒川クリーンエイドの活動を紹介したプロモーションビデオが、この程完成いたしました!

▼荒川クリーンエイドのプロモーションビデオはこちらから☆▼(Youtubeにリンクします。)
eizoutop

「クリーンエイドってどんな活動なんだろう?」と疑問に思っていたり、
「参加しようかな・・」とちょっと迷っている人は必見!

「クリーンエイドって、なんだか楽しそう!」ときっと思っていただけます!
楽しいオリジナルのテーマソングも必聴ですよ♪♪

映像プロデューサーの方に、プロボノとして全面協力していただき制作した自信作です!
このビデオが皆さまの『クリーンエイドデビュー』のきっかけになることを応援します!!

(この映像は、公益財団法人日野自動車グリーンファンドの助成を受けて制作しました。)

荒川ロックゲート10周年を記念したイベントが開催されます。
「荒川で学ぼう!」「荒川で体験しよう!」「荒川で楽しもう!」の各コーナーでは、
舟運歴史散策ツアー、見学、Eボート体験、舟カフェ、
スペシャルコンサート、その他様々なイベントが予定されています。
ミズベリングの社会実験として、飲食等の販売ブースも出店します。

■ 日 時:2015年9月19日(土)10:00~17:00
      雨天の場合は21日(祝)に延期

■ 会 場:荒川ロックゲート周辺
     (都営新宿線 東大島駅「小松川口」から徒歩15分)
  
 ▼▼荒川ロックゲートフェスについてはこちらから(荒川下流河川事務所のページ)▼▼
    http://www.ktr.mlit.go.jp/arage/arage00476.html

荒川クリーンエイド・フォーラムは、協力団体のひとつとして、
「荒川で体験しよう!」のコーナー内で、
カニ採り・投網見学、ボランティア体験を出展いたします。
会場にいらした方と「ボランティア体験」として、クリーンエイドも実施します。
ぜひご参加ください。

★荒川クリーンエイド・フォーラムの出展について★
■時間:
・10:15-11:00 第1回カニ採り・投網見学
・11:30-12:20 ボランティア体験(クリーンエイド:ゴミ拾い・ゴミ調査)
・13:30-14:15 第2回カニ採り・投網見学
各回とも、開始5分前に集合

■定員:カニ採り・投網見学は、各回30名まで
   ボランティア体験は、50名まで
   ※荒川クリーンエイド・フォーラムコーナー受付で「整理券」を配布します(10時より)
0919imagepic
■参加にあたっての注意
・汚れても良い動きやすい服(長袖、長ズボン)、帽子、運動靴でご参加ください。
・小学3年生以下のお子様は保護者同伴でご参加ください。
・希望者は、カニを入れるベケツ、ビニール袋などをお持ちください。
・ゴミ拾いに必要な資材(ゴミ袋、軍手、トング、調査カード)は荒川クリーンエイド・フォーラムが用意します。

 【お問い合わせ先】 荒川クリーンエイド・フォーラム
        メール:renraku*cleanaid.jp(*を半角@に変更ください)
        FAX:03-3654-7256、TEL:03-3654-7240

荒川クリーンエイド2015秋の参加者募集のポスターとリーフレットができました!
今年は、「楽しそう!面白そう!」と思ってもらえるような、元気いっぱいのデザインに仕上がりました♪

リーフレットには、この秋、荒川クリーンエイドにどなたでも参加いただける会場の日時、
会場の位置情報を掲載しています。

ポスター、リーフレットは、実施いただく団体および荒川知水資料館、ボランティアセンターなどの拠点等に
9月初旬に随時お送りしています。
また、リーフレットは荒川沿川の駅のラックに置かせていただいています。
ぜひ、お手に取ってご覧ください。

ポスター、リーフレットをご希望の方は、荒川クリーンエイド事務局にご連絡ください。
◆PDFデータは、下記URL先からもダウンロードできます。
 https://www.cleanaid.jp/repeat/dl

今年、荒川クリーンエイド・フォーラムではこれまで続けてきた「マイボトルdeゴミ拾い。」キャンペーンを強化すべく、新しい取組みとして4枚組の説明ツールを作成しました!

このツールは秋のクリーンエイドの各会場に配布し、実施団体のキャプテンを通して、
参加者の皆さんにゴミを出さないライフスタイルの呼びかけを行っていきます。

≪「マイボトルdeゴミ拾い。」キャンペーンについてはこちらから≫

この取組みを通じて、参加者の皆さんが少しでも日頃からのゴミ減量を行うきっかけとなることを目指します。

<説明ツール>
tool①tool②
tool③tool④
 ※本ツールは、独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金の助成を受けて制作しました。

9月以降は、荒川河川敷でクリーンエイドが各地でたくさん予定されています。
各会場の実施予定を「募集中&実施中の会場のご案内」のページに掲載しました。

★トップページの「参加者募集中! 荒川クリーンエイド2015」のバナーから
 いつでもご確認いただくことができます。
   ⇒ https://www.cleanaid.jp/repeat (荒川クリーンエイド募集中&実施中の会場のご案内)
 
 
【参加OK】の会場は、どなたでもご参加いたけます。
(事前にお申込いただく会場もありますので、それぞれの詳細のページをご確認ください)

多くの皆さまのご参加をお待ちしています。
みんなで荒川をきれいにしましょう♪

夏休みに東京ビッグサイトで 下水道展'15東京が開催されます。

その中のスイスイ下水道研究所ブースでは、夏休みの自由研究に役立つ
子ども向けの企画がたくさん予定されています。
ブース内には、「NPOと一緒に学ぼう水循環」として「NPOコーナー」が設けられ、
いろいろなNPOや市民団体の展示と発表が行われます。

荒川クリーンエイド・フォーラムではパネルを展示して、皆様に活動を紹介します。
また、29日には発表もします!

お子さまの夏休みの一日、ご来場いかがでしょう。
suisuigesuidou
※スイスイ下水道研究所についてはこちら→http://www.gesuidouten.jp/public/index.html

【下水道展'15東京】
日時:7月28日(火)~31日(金) 10:00~17:00(但し、初日10:30~、最終日~16:00)
会場:東京ビッグサイト東展示棟 東1・2・3ホール
主催:公益社団法人 日本下水道協会

※下水道展についてはこちら→ http://www.gesuidouten.jp/index.html

【荒川クリーンエイド・フォーラムの発表】について
会場:水環境ひろば(プレゼンテーションルーム)
日時7月29日(水) 15:40頃から(予定)

地曳網を曳き、魚捕りに挑戦してみませんか?
暑い夏、荒川中流のきれいで冷たい川に入って、魚捕りや昔ながらの伝統的な漁法を体験しましょう。
捕れた魚でミニ水族館、焼き魚やカキ氷もあるよ☆

※本事業は、アユの溯上調査を兼ねた体験事業です。
調査としての意義もあることをあらかじめご承知ください。
1回目地曵き網2Exif_JPEG_PICTURE

■ 日 時 8月22日(土) 10時~13時 
 ※9時に、埼玉県日高市の「高麗神社第2駐車場」に集合。
 ※少雨決行、荒天・増水等の場合は、29日(土)に延期。延期の場合は、前日にご連絡します。
■ 会 場 : 高麗川 獅子岩橋下流(埼玉県日高市)

■ 集合場所高麗神社 第2駐車場 9時     【地図】http://yahoo.jp/Dhu7S0
   ※駐車場から会場までは、車で送迎します。
   ※駐車場は無料です。
   ※電車でお越しの方:
     JR川越線・八高線「高麗川駅」下車  徒歩20分/駅前タクシー5分
   
■ 対 象 : 子どもと保護者、大人の方 
     定員20名(先着順)
   ※地曳網を引けるのは小学校3年生以上となります。
    小さなお子さんも水に入り泳いで魚を追うことができます。
 
■ 参加費 : 大人1,000円、子ども(中学生以下)500円
   ※ 魚の塩焼き&かき氷代、保険代を含みます。

■ 服装・持ち物 : 
  濡れてもよい服ウォーターシューズ/濡れてもよい運動靴
   ※ビーチサンダル等の脱げやすい物は、事故が起こる可能性があるので、
    脱げにくい履物でお願いします。
   ※そのまま水の中に入ります。深いところもあるため、
    長靴でも水が入ってしまう場合が多いです。)
  昼食、タオル、着替え、飲み物
  《あるとよいもの》 たも網・飼育ケース・水中メガネなど観察用具

■ 主 催 :NPO法人荒川流域ネットワーク、埼玉西部漁業協同組合
      (共催)NPO法人荒川クリーンエイド・フォーラム

■ お申込 :
 EメールまたはFAXで、以下を明記の上、お申込みください。
 タイトル「8/22地曳網体験 参加申込」
 1)参加者全員の氏名
 2)代表者の連絡先(住所、電話番号、メールアドレス)

 Eメール :renraku*cleanaid.jp(*を半角の@に変更してください。)
 FAX :03-3654-7256
※Eメールは、「@cleanaid.jp」からのメールを受信できるようにお願いします。

荒川クリーンエイド事務局では、マイボトルを持ってゴミ拾いに参加しよう!という呼びかけを行っています。

2014年の荒川クリーンエイドでは 32,198個というペットボトルが拾われました。
ペットボトルの回収数は6年連続で1位となりました。私たちは「できることからゴミ減量」をめざし、今年は、すべての会場において参加者の皆さんにマイボトルを持参してもらうべく、さらにキャンペーンに力を入れていきます!
図2

目の前の川のゴミを拾うだけじゃなく、私たちが出すゴミも少なくする!

10,000人が動けば、世の中ちょっとは変わるはずです。

今回、一部会場には事務局から給水タンクを提供し、
マイボトルを持参した方に飲料物の提供を行います!

荒川クリーンエイドに参加するときは、マイボトルを持って参加しましょう!

▼マイボトルキャンペーンとは▼
マイボトルキャンペーン

荒川クリーンエイド・フォーラムでは、スタッフとして、
「イベント運営」や日常の「事務局業務」をお手伝いしてくださる、ボランティアを募集しています!

主に、土日に開催する「クリーンエイド」や「出展イベント」の運営補助、
平日昼間の「デスクワークや資材準備・発送等」の事務局業務の補助をお願いします。

もちろん、ご都合の良いときだけお手伝いいただければOK!
市民・企業等が参加する環境保全、生物多様性保全活動を支える「縁の下の力持ち」になりませんか?

ボランティア登録いただいた方に、
お手伝いをお願いしたいイベント・事務局業務をご連絡させていただきます。
まずは、お気軽にボランティア登録をお待ちしています!!(*^_^*)
OLYMPUS DIGITAL CAMERACIMG1480

▼▼内容詳細はこちら▼▼

1)イベント運営ボランティア   ★土日祝、まれに平日★ 
  ・会場への案内/ゴミ拾い場所への誘導/ゴミ拾い後のゴミ分別・整理の補助
   安全管理/写真撮影/その他 
  ・自然環境教室/外来種除草の補助
    ※参加者の前で詳細な話しをする等、講師のようなスキルは必要ありません。
  ・出展イベントのスタッフ
 《ポイント》 ゴミ拾い時間中は、参加者と一緒にゴミ拾いもできます!
 (ただし、イベントにより、ゴミ拾いに参加できない場合もあります。)
  ゴミ拾いの前後には、運営スタッフとしてお手伝いしていただきます。
 
2)事務局業務ボランティア   ★平日
  ・ゴミ調査データ・アンケート等の集計および入力
  ・HP更新  ※自宅作業など要相談
  ・資材準備および資材発送の補助
  ・簡易版ちらし等の作成  ※自宅作業など要相談
  ・その他 (都度発生する比較的簡易な作業をお願いします)

【補足事項】
1)イベント運営ボランティアは、参加者同様の傷害保険に加入します。
2)交通費(実費)を支給します(ただし上限1,000円まで、当日に現金支給)
3)基本は無償ボランティアとなりますが、継続的にボランティアスタッフとして活動いただいた方には、
  有償ボランティアとして、より事務局スタッフに近い内容のお手伝いをお願いいたします。

【ボランティア登録・お問い合わせ】
 ボランティア登録を希望くださる方、ご質問は、下記に「メール」または「TEL」にてご連絡ください。
  (NPO)荒川クリーンエイド・フォーラム 事務局
   東京都江戸川区東小松川3‐35‐13‐204   
   TEL:03-3654-7240   E-Mail:renraku*cleanaid.jp (*を半角@に変更してください)

今年も荒川クリーンエイド2015が荒川流域の各地で実施され、多くの方にご参加いただいています。
事務局ではより一層活動を盛り上げるべく、現在秋以降に実施予定の団体を募集しています。
お申込は随時受付中!
この秋実施を予定している団体の皆さまは、お気軽にクリーンエイド事務局までお申込ください。

※「荒川クリーンエイド2015 実施申込みのお願い」>>PDF
※ 実施申込用紙のダウンロードはこちらから >>PDF 申込用紙EXCEL

■お申込は随時受け付けておりますが、7月13日(月)までにお申込いただくと、8月末完成予定の荒川クリーンエイド2015ポスターおよびリーフレットに団体の実施予定日を掲載することができます。

■秋は実施団体数が多い為、クリーンエイド事務局から場所や日時の変更などをお願いする場合もございます。多くの団体の皆さまが効率よく活動できるようお早めにお申込ください。

■お申込み・お問い合わせ先
  特定非営利活動法人 荒川クリーンエイド・フォーラム
   TEL : 03-3654-7240
   FAX : 03-3654-7256
   Eメール : renraku*cleanaid.jp (*を半角@に変更ください)

今年は「stop the温暖化」をテーマに開催される
江戸川区 環境フェアに出展します(^^)/
当日は、たくさんの参加・体験イベントがあり、たくさんの取組みが紹介されます!

荒川クリーンエイドでは、「荒川のゴミ調査クイズ」や、
みんなで読める「川ゴミ紙しばい」、その他いろいろ用意してお待ちしてます!
Exif_JPEG_PICTUREかみしばい - コピー

みなさん、ぜひ遊びにきてください(*^^*)‐☆

▼▼詳細はこちら▼▼
【日 時】 6/6(土)9:00~15:00 雨天実施
【会 場】 江戸川区総合文化センター
      荒川クリーンエイドは「芝生広場」に出展します。
※イベント詳細は、江戸川区のホームページからご参照ください。
 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/kankyoufair/

荒川下流河川敷利用のマナーアップに向けた意見交換の様子が、
荒川下流河川事務所のホームページで紹介されています。
150419manner1

3月8日(日)に予定されていた『荒川マナーアップミーティング2015』は
残念ながら雨天中止となってしまいましたが、
場所を替え、ビデオ収録を行いました。
その収録した映像がYouTubeに公開されました。

荒川河川敷は様々な人たちが利用していますが、それぞれが
他者への思いやり、譲り合いの気持ちが大切であることが確認されました。

意見交換には、荒川クリーンエイド・フォーラムも参加しています。

◆荒川下流河川事務所のトークショー紹介ページはこちら
  http://www.ktr.mlit.go.jp/arage/arage00447.html

◆グッドチャリズム宣言!プロジェクト のイベント紹介ページはこちら
 (写真も多く、楽しかった収録の雰囲気が伝わります)
  http://good-charism.com/archives/1355

◆動画ページはこちらから! 
 (1時間27分の映像です)

4月25日(土)に戸田橋陸上競技場にて第3回ARAKAWAクリーン駅伝が開催されます。

クリーン駅伝チラシ

会場ではラートを使ったパフォーマンスやスポーツ体験コーナーなど、ランナーでない方でも楽しめるイベント内容となっています!
レースの後には感謝の気持ちを込めてゴミ拾い(荒川クリーンエイド)も行います。
お時間のご都合がつく方はぜひご参加ください。

〇日 時:4月 25日(土) 8:30~13:30
(ゴミ拾い実施は11:15~12:30頃の予定)
※ランニング大会の進行によっては多少前後することもあります。
〇会 場:荒川戸田橋陸上競技場(都営三田線「西台駅」より徒歩約15分)
〇主 催:FUJIO PROJECT
(荒川クリーンエイド・フォーラムはこのイベントのゴミ拾い活動に協力しています。)

※大会の詳しい内容はチラシをご参照ください。

毎年6月に、市民グループなどが連携して「身近な水環境の全国一斉調査」をしています。
参加希望者(グループ)には簡単な調査キットを無償で配布します。
簡単な方法で身近な水環境を調べ、実態を知ることができます。

昨年は、全国の5,544地点で実施された本調査に、
荒川クリーンエイド・フォーラムも実行委員として参加し、荒川下流のとりまとめを行っています。
調査結果は、全国水環境マップ実行委員会ホームページや、
国土交通省水管理・国土保全局のホームページで公表されています。

みなさんもお近くの川などで水質調査に参加しませんか?
(荒川以外の川でもどうぞ)

■調査日時:2015年6月7日(日) 10時

■測定項目:気温、水温、COD、その他(透視度:任意)

■主  催:全国水環境マップ実行委員会

■参加申込:申込用紙(PDF)に必要事項をご記入の上、
     荒川クリーンエイド・フォーラムに4月20日(月)までにお申込ください。

※参考:全国水環境マップ実行委員会ホームページ
    http://www.japan-mizumap.org/
    国土交通省水管理・国土保全局のホームページ
    http://www.mlit.go.jp/river/toukei_chousa/kankyo/kankyou/research/index.html

めざせ!マナーのいい空気。かわろう、いま。

荒川河川敷利用者のマナー向上を呼びかけるため、
3月8日(日)に荒川の河川敷で「荒川マナーアップミーティング2015」が開催されます。
   15_0219_chirashi_omote
荒川はいろいろな目的で多くの人に利用されています。
その荒川では、皆が気持ち良く河川敷を利用できるよう
『新・荒川下流河川敷利用ルール』が定められいます。
その中には、「ゴミの不法投棄は禁止です。」
「自転車は徐行し、歩行者を優先しましょう。」など記されています。

「マナーアップミーティング」当日は、スタント実演から
自転車と人のマナーを学ぶプログラムが予定されています。

このイベントに片山右京さん、吉澤ひとみさん(元モーニング娘)たちとともに、
「環境を大切にする人」として荒川クリーンエイド・フォーラムからも出演します。

日 時:3月8日(日) 10:00~12:00
        雨天中止(中止判断は当日午前6時)
会 場:虹の広場(荒川河川敷・北千住駅より徒歩約15分)
主 催:荒川下流河川敷利用ルール検討部会

詳しくは、チラシをご参照ください
チラシ(PDF)はこちら:150308chirashi_omote150308chirashi_ura

荒川クリーンエイド2014報告会ほかで、次の団体の皆さまに
功労者賞を贈呈させていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
荒川クリーンエイド2014功労団体
1.ゴミの総数最多        SMBC日興証券株式会社 様
2.ペットボトル回収数最多   日本ロレアル株式会社 様
3.特別賞              FUJIO PROJECT 様
4.活動10年表彰
〇ボーイスカウト東京連盟城北地区北第11団 様
〇葛飾区立小松南小学校 様
〇江戸川区立平井小学校 様
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 ゴミの総数最多     SMBC日興証券株式会社 様
本年度は、4月、10月の2回クリーンエイドを実施されました。
中でも、4月の実施の際は、新入社員研修として500名以上の社員さんが参加し、
環境に悪いゴミ拾いゲームをしました。
その際に、破片やポリ袋などもたくさん回収し、数えて拾ったゴミの総数が、
25,414個と最多となりました。
SMBCsama

 

 ペットボトル回収数最多     日本ロレアル株式会社 様
今年初めて、荒川クリーンエイドを実施されました。
平日に社員500名以上の皆さまが足立区内の河川敷に集まりゴミを回収され、
ペットボトルだけで2,166個と、今年度の最高となりました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA L'OREAL2

 

 特別賞     FUJIO PROJECT 様
特別賞として、FUJIO PROJECT様を選ばせていただきました。
FUJIO PROJECTさんは、荒川河川敷で毎年、駅伝大会と10Kmのマラソンを開催されていますが、
元々「ARAKAWAクリーン駅伝」と名づけているように、
走った後にお世話になった会場周辺をきれいにしようと、
ランナーさんがゴミ拾いされています。

縁あってゴミ拾いについては当フォーラムも共催させていただくようになり、
最近はグラウンドだけでなく、水際の漂着ゴミまで積極的に拾ってくださる方もいらっしゃいます。

このような運動を多くの方に知っていただき、さらに広がるよう願いも込め、
「特別賞」を贈らせていただきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA FUJIO2

 

 活動10年表彰
今年活動10年となった団体様に、「活動10年」の功労者賞を贈らせていただきました。

ボーイスカウト東京連盟城北地区北第11団 様
2005年に初めて荒川クリーンエイドとしてゴミ拾いを実施いただいて以来、
毎年、6月と9月に赤水門の付近で、雨降る日もクリーンエイドを実施されています。

地域の方々の参加も受け入れてくださり、
最近はネットを見ての参加者の方も一緒にゴミ拾いを行っています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

葛飾区立小松南小学校 様
2003年から、ほぼ毎年クリーンエイドを実施され、今年で10年となりました。
ゴミ拾いだけでなく、自然と親しむ学習もあわせて行っています。
荒川での学習のなかで、子どもたちへ表彰状が手渡されました。
komatuminamisho

 

江戸川区立平井小学校 様
2005年から毎年、学校近くの下平井水辺の楽校でクリーンエイドを実施されています。
4年の総合的な学習の時間に、年4回の荒川学習に取り組まれるなか、
1回を、ゴミ拾いとゴミの学習に充てています。
hiraisho2 hiraisho3

 

荒川クリーンエイド2014も、表彰団体をはじめとする多くの団体、個人の皆さまのお力で
大きな成果を上げることができました。
改めまして皆さまに厚く御礼申し上げます。

~自然溯上のアユを復元するための連携について語ろう~

荒川流域の自然再生を願い、目指して活動する人々の集い、荒川流域再生シンポジウムが開催されます!

流域でつながる1流域でつながる2

〇日 時: 3月14日(土)13:00~16:30(開場12:30)

〇会 場: 国立女性教育会館(埼玉県比企郡嵐山町菅谷728)
     ※東武東上線武蔵嵐山駅から徒歩15分、駐車場あり

〇主 催: (NPO)荒川流域ネットワーク
 ※(NPO)荒川クリーンエイド・フォーラムは、共催団体として参加します。

〇内 容
  1)活動報告 2014年度アユ溯上環境調査の結果と6年間の結果報告
           2014年度荒川流域一斉水質調査の結果と20年間の変化報告
           新河岸川水系でのアユ復活についての活動報告
  2)事業報告 今年度の入間川における魚道設置事業について
  3)みずかけ“サ”論
         「自然溯上のアユを復元するための連携について語ろう」
  詳細は、こちらから

〇問合先: (NPO)荒川流域ネットワーク 鈴木勝行
       TEL:090-7804-5722  Mail:k_suzuki@pk2.so-net.ne.jp

1月23日(金)、24(土)に、「第1回川ごみサミット」を開催しました。
2日間にわたり、川で活動する市民団体、企業、業界団体、行政、大学教授など
多くの方々にご参加いただき活発な意見交換が行われました。
速報となりますが、以下の通りご報告させていただきます。

150123_3
(クリックで拡大します)


 

 
1日目
■話題提供
0123summit01
鹿児島大学水産学部の藤枝 繁教授の話題提供では、
川を通じてごみが海へと流出している現状とともに、
今後は、ごみが溜まる場所を把握し、継続した回収をいかに行っていくかを
地域で考えていく必要があること、
また、1つでなく様々な方策を考えていくべきであることが伝えられました。


 

 
■パネルディスカッション
summit01 0123summit02

「河川・海洋環境保全に取り組む市民団体と産官学ができること」をテーマに、
パネルディスカッションを行いました。

市民、企業、行政の各主体のこれまでの取り組みと、それを阻んでいる課題をご紹介いただいた後、
互いに期待することについて質疑応答、会場も交えた質疑応答を行いました。

各主体が、それぞれ川ごみの問題について広報や啓発に取り組んでいるものの、
未だ多くの人がこの問題を知るに至っていないことや、
どのセクターにおいても、他のセクターの知恵を借りながら効果を上げていきたいと願っていることなども浮かび上がってきました。

○コーディネーター
 一般社団法人JEAN代表理事 金子 博氏

○パネラー 
NPO法人 荒川クリーンエイド・フォーラム 事務局長 伊藤 浩子氏 
   「はじめよう!拾うだけじゃないゴミ拾い!」
NPO法人 新潟水辺の会 事務局次長 加藤 功氏
   「海岸漂着ゴミにさせないための川ゴミ清掃」
日本プラスチック工業連盟 事務局長 岸村 小太郎氏
   「日本プラスチック工業連盟の取組み」
国交省 水管理・国土保全局河川環境課 水環境管理係長 大嶋 恭子氏
   「河川ごみに対する河川管理者の取組み」
環境省 水・大気環境局 水環境課海洋環境室 室長補佐 森田 沙世氏
   「環境省の海洋ごみ対策について」  
国立大学法人鹿児島大学水産学部 教授 藤枝 繁氏


 

 
■グループディスカッション
0123summit11 0123summit13
 参加者全員がそれぞれ関心のあるテーマに分かれ、短時間でしたが活発に意見交換が行われました。最後に各グループで話された意見を紹介しました。

・第1グループ テーマ:「広げる(ネットワークづくり)」
・第2グループ テーマ:「伝える(川ごみを知ってもらう)」
・第3グル―プ テーマ:「減らす(川ごみ対策に向けて)」

問題を広く知ってもらい解決に向かうためのネットワーク作り、現場で体感することの重要性、
各セクターが互いに理解・感謝し合い一体となって取り組んでいくことが問題解決の道などなど、
多くの意見が交わされましたが、目指すゴールは一致しているように感じられました。

150123_4 0123summit21


 

 
2日目
■「調べるゴミ拾い」形式でクリーンアップ活動体験
0124summit01
午前中は、江戸川区内の荒川河川敷に集合し、調査カードを利用した「調べるごみ拾い」を参加者皆で取り組みました。

他の川や海でごみ拾い活動を実践されている参加者の方も多く、
ごみの状態や環境の違いを実感しながら、情報交換しながらの活動となりました。


 

 
■全国の河川環境団体の取り組み発表
最上川、保津川、恩智川で活動されている3名の方々から、
それぞれ特徴ある取り組みをご紹介いただきました。

0124summit11 0124summit12 0124summit13

美しい山形・最上川フォーラム  会長 柴田 洋雄氏 
   「クリーンアップ活動で「捨てない・すてさせない」ゴミ発生源対策
    そして一歩すすんだその先へ」
NPO法人プロジェクト保津川   理事 早田 和仙氏
   「地域での取り組みと、オンラインごみマップについて」
恩智川クリーンリバープロジェクト いしだ はじめ氏
   「流域住民と自治体協働による恩智川クリーン・リバープロジェクト」

「捨てない、捨てさせない」啓発、他セクター連携の組織作り、
川の恵を楽しむ環境教室、ごみの情報収集と市民への情報提供を目指すごみマップ作り、
地域ごとの住民主体のワークショップでごみ対策を考えるなどなど、
数々の貴重な事例に触れることができました。


 

 
■全体意見交換
0124summit14

一般社団法人JEAN代表理事 金子博氏の進行のもと、
今後に向け、川ごみサミットを実のあるものとしていくための方向性について、
参加者全員による意見交換を行いました。


 

 
■第1回川ごみサミット宣言
川ごみサミットを通じて目指す方向性を確認するものとして、
「参加者有志」より『第1回川ごみサミット宣言』を発行しました。

川ごみの削減に向け、今後、活動・行動に関わる人々を増やしながら、
5ヵ年程度を目安として、継続的に展開することを宣言するものです。

全文はこちらから⇒ ⇒ 第1回川ごみサミット宣言(PDF)


 

 
■総評 
0124summit15
荒川下流河川事務所長 里村真吾氏より、各地での様々な取り組みについて称えられました。
加えて今回の第1回の川ごみサミットは大変意義深く、今後の発展を期待するとのお話をいただきました。 


 

 
■閉会挨拶 
0124summit16
全国水環境交流会 代表理事 山道省三氏より、問題解決に向け、
今後さらに全国や多様なセクターが知恵を出し合うことが必要との力強いご挨拶をいただきました。


 

 
------
2日間を通じて、川や海、湖などで活動する市民団体、企業、業界団体、行政、大学教授など多くの方々にご参加いただきました。

取り組み事例の紹介、課題の共有、今後に向けた様々な意見交換などが行われ、
短い中にも充実したサミットとなりました。

川ごみを拾うだけでなく、川ごみの削減に向けた行動プログラムの策定と実行に向かい、継続的に展開していくことを、参加者で確認し合いました。

ご参加、ご発表いただいた皆様に感謝申し上げます。

※本サミットは、公益財団法人河川財団による河川整備基金の助成を受け開催しました。

荒川クリーンエイド2014は、多くの皆さまにご参加いただき、無事終了いたしました。

2015年1月からは、「荒川クリーンエイド2015」がスタートしています!

荒川クリーンエイドは1年中実施いただけます。
まだまだ寒さも続きますが、ゴミがよく見えるこの季節、適度な運動にはゴミ拾いが最適☆

2015年も「荒川でちょっといいことゴミ拾い」ぜひ実施ください。

■ 実施申込の受付は、なるべく実施の2ヶ月前までにお願いいたします。 
  まだ先の予定でも、すでに実施日時が決まっている場合は、お申込ください。

※ 実施申込用紙のダウンロードは、こちらから

OLYMPUS DIGITAL CAMERA